忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エルミナージュゴシック(PSP)の適当なプレイ日記 3

ブログ更新久しぶりですが、ほぼ毎日、一日30分~1時間ぐらいはプレイしているわけで。

前回は・・・そう、クリティカル持ちに阻まれてなかなか先に進めずといったところでしたか。
 こんな感じですよ。何故に赤ずきんが首をはねてくるのか

思えば「狂王の試練場」でも序盤でうさぎや忍者に首をはねられたりとかしてましたよね。
でも、こっちのほうが理不尽に思えるのはなぜ?

で、いい加減嫌になり他所をあたることに。
ヤプ・ゴトス大樹は転移魔法が入ってからあらためて・・・かな。

さて、昔のエルミナージュ同様(いや、まったく同じではないんですが)、メインシナリオの他に複数の依頼(サブシナリオ)が用意されている今作。

あらためて確認してみるとけっこう未解決の依頼受けていたんですねー。
NO.1 洞窟の調査~NO.30 渾身の一振りまで、間に欠番ありながら15の依頼を受けており、その内、解決済みなのは4。

え?たった4つ?

20時間ほどプレイしてこれだけとは幾らなんでも(汗)
よって、とりあえず一つでも依頼を解決だ!とリストを見返すことしばし。

酒場の怪しい貴婦人?に頼まれていた「水中の秘宝」。
水中マップということで、昔の記憶を頼りに錬金・・・「空気の実」を生成。
実時間で5分少々しか潜っていられないのですが、これを持ってグアテラ鍾乳洞へ。
 苦戦、苦戦。実は一度だけ戦闘が長引き、時間内に空気のあるところに戻れずに窒息死。

ドエムな私はリセットせず、酒場に待機していた冒険者に金を握らせて寺院へ急行。
回収して復活させましたとさ。
その際、パドミニが一回復活に失敗し、かなりドキドキしたのは内緒だったりします。

あ、もちろん2回目は成功でしたが。おかしい、ノーリセットプレイをするつもりじゃなかったんだが(爆)

そんなこんなで慎重なプレイを徹底しつつ、MAPを埋めていくと・・・
 イベントモンスターのようです。長期戦の末、被害者を出さず撃破成功、「深紅の真珠」を入手。

酒場に持ち込みますと、
 「ご苦労様、はい、殺し屋をあげるわ」
一同「はぁ??」
すわ、バトルですかと思いきや、そういう名前の「槍」でした。

 まったく、紛らわしい。
性能的には・・・悪くはない。とても良い!とも言えませんが。びみょーですけど、なかなか新しい武具が手に入らない今作では貴重な戦力アップです。        

パドミニ「ま、アスタリスクでもそうだったけど、私のほうが戦果あげてるのよねぇ(853匹)エイブはもう少し頑張ってほしいわ」
エイブ「ぐ・・・!(761匹、フランベルジュ以上の武器を得ないと差が縮まらんわ)」

さて、グアテラ鍾乳洞の調査はまだまだ続きます。

拍手[0回]

PR
Eゴシック 2

ヤプ・ゴトス大樹での一進一退の攻防は続く。

マハミィ「もう、なんなの此処!」

とマハミィ嬢が暴れだすくらい嫌らしいマップですね、ここは。

昨今のショートカット完備のぬるい?迷宮ばかり潜っていた冒険者たちにはなかなか厳しい洗礼のようですな。
しかも、1Fからルートが分岐しており、大樹の上(幹?)か下(根?)かを選ぶのですけど、どちらも少し先に進んだとたんに、

ラマ「あぁー、またヂミーが赤ずきんに首チョンパって!」
ガトー「ダメだニャ、エイブがザリガニにまた首飛ばされたニャァ・・・」

と、どちらのルートもクリティカル持ちに邪魔され、即死する都度、長い道のりを歩いて帰らなければならないという・・・

とある筋(笑)の情報によれば、空間移動の魔法が使えれば世界が変わるとか。

まだ、平均レベル10~11。

先は長い。

拍手[0回]

Eゴシック 1
 PSPで発売され、いろいろと物議を醸しだしたエルミナージュゴシック。一年ほど前に超格安で購入、数時間プレイして投げ出してしまったものですが、今頃になって再開。メンツは星魚つながりで、以前「ウィザードリィアスタリスク」で使用したキャラを引っ張ってきました。

簡単にパーティ紹介すると。
①エイブラハム(エイブ) L10戦士 故国からはるか遠くに魔法の罠で?飛ばされた気難しい騎士。帰る方法を探しているが未だ果たせず。
②パドミニ L9神女 エイブラハムとほぼ同じ境遇ながら特に帰ることには固執していない姉御。
③ヂミー L10盗賊 存在感の薄すぎるホビットホートルット。豆腐好き。
④ガト:モンテス(ガトー) L10錬金術師のワービースト。以前は狂戦士として暴れていたが魔法使い系に転職。顔と声と話し方に人は違和感を感じるが本人は気にしていないニャー。
⑤ラマ・コート L10司教。公式にはある東の国を救った偉大なる召喚術士のノーム。単に断れない性格。
⑥マハマン・ルーナ(マハミィ) L10魔術師。いわゆるエルフメイジ。ツッコミに長けているしっかり者、と本人は思っている。



ガトー「気づけばこの国の風習というか法則にもすっかり慣れたニャァ」
パドミニ「そうね・・・最初は散々だったけどね」
ラマ「いや、まったくです。レベルは1だし所持品も有り金も本当に何も無しだなんて・・・」
エイブ「俺がヴァレリア島から飛ばされた時も同じ感じだったよ(溜息)」
マハミィ「ヂミーがあのトラップ起動させなかったら・・・って、ヂミーは?」
エイブ「例によってどっか行ったんだろ。それよりもだ。この国も大概、変だな」
ラマ「そうですね。ダンジョンに向かったりなんだりでどんどん日数が経っていくなんて」
パドミニ「・・・でもそれって当たり前じゃない?」
ガトー「それもそうだニャァ。洞窟が暗いのも当たり前だし、敵のACがけっこう低くて当てずらいのもある意味当たり前といえるかもニャー」
エイブ「地図が消耗品なのも慣れるしかないのか(涙)」
ヂミー「(ボソッと)でも・・・豆腐・・・売ってない・・・」
マハミィ「わっ、いつ戻ってきたの?!ヂミー」
ヂミー「?最初から・・・いた・・・」
エイブ「ま、まぁいいさ。いつものことだしな。それで、まとめるとだ。」
パドミニ「なに突然まとめようとしてるの?」
エイブ「や、ここに飛ばされてからのまとめをしておこうと思ってな。ってさっき言ったが?」
パドミニ「あ、そう。」
ラマ「まぁまぁ。そういうことなら私が少しメモ取っておきましたから。」
ガトー「用意がいいニャー。さすがヒドラ使いだニャー。」
ラマ「関係ないじゃないですか。と、とにかくですね、なぜかこのイシュマグ王国に飛ばされ一文無しになった私達はお触れを見て、魔物が出るという洞窟の調査に向かって(うんぬんかんぬん)」
エイブ「・・・で、ヤプ・ゴトス大樹だ」
マハミィ「ここ、もういや」
エイブ「おれも嫌なんだがな、同じところをぐるぐるぐるぐる、まったくショートカットの使えない長い道を行き来するのは。しかし子供がゴブリンにさらわれているんだぞ?早く助けにいかんと」
パドミニ「そうよね、でも他にも依頼受けてるのよ?私は魔物が隠し持っている宝石を探しに行きたいなぁ」
ガトー「そもそも本筋の魔物が湧き出す穴の件も調べないとニャー」

ということで、調べる場所が複数ある状態で、マップが極悪?な大樹で引っかかっている状態。
とにかくショートカットが一切ないマップばかりで、とても大変です。樹の上にも下にも行けるんですけどどこに行ったら良いのでしょうね。

で、今のところ(14時間のプレイ)での感想は「ま、これもありかなぁ~」
エルミナージュだと思わなければ、それなりに遊べますね。
設計思想がまったく違うというのは少し情報も入ってましたし、「アスタリスク」一応はクリアしてますので耐性もあるみたいな(笑)

頻繁な更新になるかどうかまだわかりませんが、こんな感じでゆるぅくやっていこうと思います。

拍手[0回]

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]