忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緋蓮城哀歌 第2部 11

昨夜のギルドマスター「月輪の魔女」との会談により、突破口を見つけた一行。
今日こそ古の迷宮を攻略すべく、準備に余念無く・・・

メイ「ここのボタンをこうして、それでこう動けば、こっちがこうなるから・・・(ぶつぶつ)」
アヌエウス「頼もしいズラ、メイ。最初の頃がウソみたいダワサ」
マルタボー「む、仕方ない。頭脳労働は任せた!」
アイリン「あんたは、はなから考える気ないでしょ」

けっきょく、その日から二日かけて、ある程度法則を確認、あとは(ほぼ適当に)こうすれば・・・
最下層であるB7Fに、魔神像が9体集まった!

ヒッサー「デ?ドシタライイ?」
エイリィ「曼荼羅とか魔法陣とか、名前はいろいろでも大抵真ん中なのよね、大事なのは。」

9ブロックの真ん中にある魔神像を調べると、奇妙な感覚と共に転移!
 うわ、グロい。
アスタリスクの最終フロア思い出すわぁ~。

こうして最終?フロア『胎魔界』の探索は始まった。

フロアの構造としては狂王の試練場と似ているが、次のエリアへ飛ぶポイントは二択、間違えるとフロアの入り口に戻され、なおかつ街までのワープポイントも完備、と。

なんというゆとり設計(笑)安心して攻略に専念できます。

レベルが十分なのだろうか、さして苦労することも無く最深部へ到達。
・・・ではなかったんですけどね。
瞬間的な戦闘力が上であるチームGと持続力(回復力)に勝るチームE、どちらが先に進めるだろうかと思っていたが、やっぱりというか、チームEの方が先に最深部についてしまいました。

運もあったかもしれない。チームGけっこうTILTOWAIT喰らって死人出ましたし・・・

*****

最深部。
 そこには巨大なイモ虫に似た、グロテスクな物が横たわっている。
マカーブル「キモッ!か、帰っていい?」
ガチムチソウル「待て、誰かいるぞ」
近づいてきた彼らをさえぎるように賢者風の男が現れた。
「フフフ、遅かったようだな。見よ!今、あらたな魔王が誕生する!この瞬間をどれほど夢見たことか。かつての魔王は天から降り立った一人の男に敗れ去ったが今回はその神の男の血を引く王子を素材にしたのだ、失敗するはずがない!きさまらには新しき魔王の最初の餌になってもらおうか」
イールフ「っていうかさ、っていうかさ、あんた誰?何が目的?素材って王がこれなの?元に戻せるの?」
賢者風の男「(聞いてない)・・・ん!どうした胎魔王!この血では?!ただの人の血と変わらぬはずがない!あの、あの男の血を引く・・・
ギャー!!!マ・・・ロ・・-ル」

賢者風の男は、胎魔王の口から吐き出された粘液を浴び、一瞬にして消え去った・・・

凍りつく一行・・・しかし、胎魔の王は彼らに向ってその巨体を向けた。
こうして、当事者もおらずよくわからないままに最終決戦!

・・・3ターンで圧勝(苦笑)
こちらの被害は、胎魔王の唱えたMALIQUAによるもののみであり、最後のとどめはマカーブルのLAZALIKであった、と記録しておこう。

******

横たわった胎魔王の体から、光り輝く球体があらわれた。
その玉の中に王らしき人影が・・・

******

イレイサー「・・・ふーん、で結局、王様は助かったんだ」
ウグイ「で?その王様を球体から助けた2人の賢者ってのが、首謀者とそっくりだったって?」
ガチムチ神主「うむ、誰からも何も説明はないがな。三つ子だったのか、魔物が化けておったのか・・・」
トニカク「情報が少なすぎるが、こういうことかな。王はかつての軍神の血を引いていないので、胎魔王も完全ではなかった、と。ついでに首謀者も逃走した可能性あり・・・」
エイリィ「推測にすぎないわ、すべてね」
ガチムチソウル「あぁー、スッキリしないわぃ」
アイリン「そうね、解決したような、未解決のような・・・」
オニグモ「おい、俺達は補給で立ち寄っただけなんだぜ、そろそろ行かねえとな」
ウグイ「ああ、そうだったな。ジョロウグモたちが待っているんだった。」
マカーブル「大変ね、あんたたちも。」
マルタボー「ま、俺達はしばらくは休ませてもらおうぜ。どうもまだ、何かあるような気がするしな・・・」

******

スタッフロールのあと、マロールで逃げたと思われる賢者風の男(未だ名前もわからない)が女に介抱されている風景が浮かび・・・

Throb of the Demon’s Heart

~終~ 

(え?終わり?)

拍手[0回]

PR

緋蓮城哀歌 第2部 10 

柔らかい月の光がさす夜。
・・・迷える彼らの求めに応じ、久方ぶりに月光に乗ってやってきたのは誰あろう、ギルドマスター「月輪の魔女」であった。

その重たげな、そして豊満な体を揺らせながら彼女はとくと語った。
「ふぅーん、資料は見たがねぇぇ、またずいぶんと特殊な立体魔法陣だこと」
エイリィ
「は、これはもう、マスターの得意分野であろうかと思いまして」
魔女
「これは、『瑠憂毘津苦 九部』と呼ばれている特殊な魔法陣さ。私も文献で見たことはあったがね、まさか実在しているなんてねぇ」
ジル
「る?るうびく?」
イールフ
「きゅーぶ?きゅうぶ?」
マルタボー&ヒッサー
「(ぽかーん)」
魔女
「うむ、古代の魔導師で建築家だったある人物が考案したものでね、造るとなったら施設が大掛かり過ぎるのと維持するのに膨大な魔力を喰うことからまったく普及しなかった代物さ。そう、少し違うけど、サイコロを9つ、均等に三段に重ねたものを想像してみるとなんとなくでも判るんじゃないかぇ。理論上は2×2とか4×4、5×5なんてのもあったみたいだが」
メイ
「あぁー、なるほどねサイコロ・・・立方体のパズルみたいなものね?その発想が足りなかったか・・・ってことは?あのボタン。」
魔女
「そう、例のピエロとやらに頼んで初期配置に戻してもらいながらどのボタンがどう動くか検証すればよい。後はお前達だけでもわかるね?」
アヌエウス
「3×3・・・真ん中の箱は動かないということでいいズラ?それとピエロの言っていたことを踏まえると、一番下のフロアに像を集めるように動かせばいい・・・ということダワサ、きっと。」
魔女
「(珍しい訛りのドラコンだこと)そういう理解でよいだろう。しかしここまで大掛かりな封印装置だ。何が出るかは知らぬが準備はしっかりとな。」
ガチムチソウル
「胎魔の扉が開く、とか言っていたかあのピエロ?。マダム、胎魔とはいったい?」
ガチムチ神主
「そうそう、だいたい王様が本当にここにいるのかすら、よくわかっておらぬのにの。この事件自体が、首謀者の動機も含めて謎だらけじゃ。ここまで降りて来ても肝心の王の行方はさっぱりじゃし。」
魔女
「それを調べるためにお主らがおるのじゃろうが?だいたいこの国は最近まで鎖国していたせいか、昔の事はよくわかっておらんでな、文献も見つからぬし・・・今、使い魔に探させておるから、何かわかれば伝えるとしよう。」

その他、細かい指示を出してすっかり満足した魔女は、雲の切れ目から差し込む月明かりに乗り、大陸の自分の塔に戻っていったのだった・・・

マカーブル「今日は機嫌よかったわね、ボス」
ルクス「あの方、まにあ、だからねぇ・・・こういう過去の遺物の」
アイリン「まにあ、じゃすまないのよ二人とも。100年?以上もああいった古代の遺物を研究しているんだから・・・」

こうして、しっかりと現状を認識した一行は、翌日胎魔の扉を開くため、町を出るのだった・・・

果たして、そこにあったものとは?

拍手[0回]

緋蓮城哀歌 第2部 9

以前、B4Fのエレベーターがおかしい、と記述したことがありました。
横を向かないとエレベーターに乗れないって奴ですね。

よくメッセージを見ると「壁にボタンが・・・」という記述あり。

あぁー、だから横を向かないとエレベーターに乗れないんです。考えてみれば当たり前でしたね。解決解決、良かった良かった・・・のか?!

元祖も含めてそんな謎仕様見たことないんだが(汗)

******

さて、レベル的に先行しているチームGが、現在エレベーターで行ける最深部B7Fに突入。
 ルクス「おっかないのばっかり(悲)」
首を飛ばされたアヌエウスを癒しつつ数回のアタック。
なんとなく構造が上の二階と一緒だ。まぁ予想通り。
ここより下のフロアへ行く方法は今のところ見つからず。

そしてやっぱり健忘症のピエロもいた。
その向こうも同じつくりで、複数の魔神像が安置されていた。
 ・・・これが、魔神?坊主にしか見えないが。

なんだろうなぁ、これ。デタラメに近くの4種類のボタンを押してみていたが、どうも魔神像は押すたびに一定の法則?でもって動いているようだが、まだよくわからぬ。

3つのフロアにまたがったパズル、ということか?

地図をじっくりと見ていたら、B7F東南に不自然な箇所を発見。
念のため調べてみると、案の定隠し扉があった。

そしてその向こうには。
 ?
強烈な死臭!みな、気が狂わんばかりにせきこんだ。

巨大な死体が転がっている。

彼らは思い出した。古い古文書に書かれた魔王のことを・・・。
目的はなくなってしまったのだろうか?
”王様の救出”それさえも忘れてしまうような虚脱感に苛まれた。

ジル「な・・・なんなんッスかぁこれは?」
アヌエウス「こっちが聞きたいダワサ」
ルクス「でも、なんだか辻褄があわないわ、そもそも王様をさらったのは家臣の一人なんでしょ?」
メイ「そうも断定できないのが難しいところね。どう考えてもこの死体は遠い昔からこのままだったとしか思えない・・・するとあの大掛かりな封印装置みたいなのは?一体何のための・・・」
ヒッサー「ボスニキク イイトオモウ」
アイリン「うーん、ちょっと気が進まないわね・・・もうちょっと試行錯誤してみましょう。ボスに聞くのは最後の手段ってことで」

拍手[0回]

緋蓮城哀歌 第2部 8

古の洞窟、B6F・・・

 なんと、ここにもB5Fにいたピエロがいた。
健忘症なのか、すっとぼけているのか、会話の内容は全て同じ。

ということは・・・

やはりB5Fと中心部は同じ造りで、謎の複数のボタンと魔人の像。
これはひょっとしてB7Fも同じ感じか?

だが、出現する敵がB5Fよりもさらに手強く、簡単に進めなさそう。

ということは・・・(本日2回目)

つまり、また修行ということで!
ついでにクラスチェンジもこっそりしておく。

数日後・・・

第一チームあらためチームG
  Le HP St In Pi Vi Ag Lu Rip
ジル(N-Fig-Dwa) 17 236 21 11 20 22 13 10
ヒッサー(G-Fig-Liz) 17 253 22 15 15 23 16 14
アヌエウス(N-Mon-Dra) 15 113 20 13 16 17 18 16
ルクス(N-Ran-Elf) 16 126 17 18 17 17 19 18
アイリン(G-Bis-Hum) 10 149 10 18 18 11 11 12
メイ(G-Mag-Elf) 16 83 12 19 17 17 15 16

第二チームあらためチームE

  Le HP St In Pi Vi Ag Lu Rip
マルタボー(E-Fig-Liz) 16 214 22 14 11 21 18 17
ガチムチ神主(E-Fig-Dwa) 16 157 15 16 18 18 16 13
エイリィ:ラフク(N-Val-Hum) 16 113 16 15 15 15 18 16
イールフ(E-Alc-Fae) 14 91 11 20 12 13 20 19
マカーブル(N-Bar-Raw) 16 148 18 16 20 20 18 20
ガチムチソウル(N-Psi-Dwa) 15 111 18 17 15 19 17 18


アイリン「やっとビショップになれたけど、まだまだ先は長そうね」
イールフ「ボクも早くビショップになりたいなったらなりたいな♪」
マルタボー「お前が錬金術も修めたいって言ったんだろうが!」
エイリィ「ま、お金もだいぶ貯まったから、自前で大体は識別できるしね、焦らない焦らない」

******
ドルフドル「・・・鑑定屋、廃業の危機!まっずいなー」

拍手[0回]

緋蓮城哀歌 第2部 7

激戦、勇戦、連戦・・・
 東西の牛コンビとか(考えた奴ある意味凄い)
 LOLからの出向者とか
 なんだかマッチョなサルに見える土人形とか。

その結果・・・

第一チームあらためチームG
  Le HP St In Pi Vi Ag Lu Rip
ジル(N-Fig-Dwa) 15 213 20 10 20 22 12 10
ヒッサー(G-Fig-Liz) 15 217 22 13 13 23 14 13
アヌエウス(N-Mon-Dra) 14 81 20 13 16 16 17 16
ルクス(N-Ran-Elf) 15 122 17 17 17 17 19 18
アイリン(G-Pri-Hum) 15 106 15 14 18 17 16
メイ(G-Mag-Elf) 15 75 11 18 17 17 14 16

第二チームあらためチームE

  Le HP St In Pi Vi Ag Lu Rip
マルタボー(E-Fig-Liz) 15 204 21 14 11 21 18 17
ガチムチ神主(E-Fig-Dwa) 15 151 15 16 18 18 16 13
エイリィ:ラフク(N-Val-Hum) 14 97 15 14 15 14 18 16
イールフ(E-Alc-Fae) 12 89 19 12 12 19 18
マカーブル(N-Bar-Raw) 12 77 15 14 18 17 13 19
ガチムチソウル(N-Psi-Dwa) 14 110 18 17 15 20 16 18

む、これならどうにか「蒼い奴」とも渡り合える・・・か?
不安要素は、実はガチムチ神主とエイリィ。Stが低いのか得物が悪いのか、Hitさせるダメージが低すぎる。なかなか良い武器もドロップしない。

それに引きかえチームGは、見つけたばかりの「閃きの剣」を装備したジルがとんでもなく強くなった!
他の面子が5回Hitで40ダメージ平均だとすると、10回Hitで80とかどーなってんの?というくらい段違いの強さ!

次回からはB6Fの探索に入ります。

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]