忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生命の楔 第10回。

操作性について。
1 すでにいろいろな方があちらこちらで触れられているようですが、
「メッセージが飛ばせない!」=ボタン連打しなければならない。
レベル上げなどの単純作業時には、結構ネックです。そうまでしてテキストを読んで欲しかったのか。

2 魔法やスキル(奥義書)を購入しないとなりませんが、そのインターフェイス全てが洗練されていません。
使い勝手が悪すぎです。
たとえば呪文書。魔、僧、錬と3系統ありますが、一つのテーブルになっている。
魔1→魔2→省略→魔7→僧1→こんな感じ!
そのため、僧侶魔法の4レベルに辿りつくまでずっと下を押していなければならない。
普通、こういうときはカテゴリー別に分けるとかするもんじゃないのでしょうか。 

さて、そんないらいらを抑えつつ、攻略ですが地下10階遅々として進まず。
9階も未踏破の部分が多いため、先にそちらをまわる事にする・・・
が、敵のレベルが変わらない(泣)。
ほぼ毎回戦士、侍が死亡しつつ、なんとか攻略したものの、据え置きの宝箱があったぐらいで特に何も見つからなかった。

10階へ戻り、また行きつ戻りつ探索を開始。3分の1ほどまわった時点で、なんとなく仕掛けが見えてきました。これは、要するに「倉庫番」をやれということですな。似たような仕掛けが上の階にありました。しかし、気軽に歩くにはまだパーティの実力がついておらず。

平均レベルは24。もう二つぐらいあげないと厳しいでしょうか?
それと、今まで触れていませんでしたが途中で仲間になった既成キャラの錬金術師、全く使っていません。というのも、同じ既成キャラのレンジャーが錬金魔法使えるから。とはいっても最高レベルの魔法は使えない仕様ですが、現在不便を感じていないんだよな。

それでも、要所要所のイベントでそのキャラが絡んできます。事前に「勝手についていきますから」との断りがありましたが、6人編成の後ろからこっそりついてきている感じで嫌ですねー。ついでに戦闘にもこっそり参加できませんか。メンバーチェンジとか。いっそのことドラクエ5みたいに「馬車」システムにすれば良いのでは。

ダンジョンを進む冒険者と幌馬車・・・(何のゲームだ)
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]