忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、地下3階をくまなく探索中・・・

上の階にもいましたが、どうも宝石探しの輩が複数入り込んでいるようで、石に関するウンチクを教えてもらったり。これ、いずれ何かに役立つのかな・・・それともフレーバーでしょうかね。
まあ、つまったらそのときにでも。

あと、この階の北のほうではHP回復の泉を発見。多少楽になりますかね。

あいかわらず誰も常駐魔法や地図魔法「MAPORFIC」とか「DUMAPIC」とか覚えず、遅々とした探索でしたが、ようやく今日の修行の成果で大体は覚えることが出来ました。

おい、もうレベル8なんだけどな。

さて、地下3階もほぼ終わり、次は4階ですか。
最初はドレインを受けたりなど苦労しそうだと思いましたが、杞憂でした。サクサク進んでいきますよ。

拍手[0回]

PR
どうにか地下2階は大体行きつくしたようです。すでにしてエレベーターを見つけたり、迷宮を一人うろつくバーさんに出会ってみたり。(きっと高レベルの魔女にちがいない)

G,Eを入れ替えながらのプレイをしています。無論全滅対策ですな。
おかげでちょっと進行が遅いのはご勘弁ください。

さあ、3階に進みましょう。

・・・え?なに?不意打ち?
・・・ドレイン?!・・・二人も?!

などと悲惨な目にあいつつ。どうにかこうにか進んでいく一行。
それにしても、今回のスペルユーザーは総じて習得率が悪いです。
もうちょっと気合をいれていただきたい。でないと・・・全滅しますよ!?

クラップ Gno-G-Fig AC4 HP56 L8
ラスタ Dwa-N-Sam AC3 HP56 L7
アゲイン Hum-N-Fig AC1 HP66 L8
プロウド Elf-G-Pri AC4 HP47 L7
ディテイル Hob-N-Thi AC5 HP41 L8
ブルゥ Elf-N-Mag AC9 HP32 L8
デル Dwa-E-Fig AC2 HP40 L5
ジンダ Dwa-E-Bis AC5 HP51 L6
イズディ Hum-E-Pri AC3 HP36 L6

地下3階はちょっとおっかないようです。まあ装備も充実しつつあるのですがね。

ところで階段を下りると、必ず降りてきた(もしくは上がってきた)階段を振り向くように立っているのは仕様でしょうか?!ちょっと気になりました。実害はないのですが、最初気づかないで上がったり下がったりを繰り返しました(笑)

拍手[0回]

地下2階をうろつきまわっております。

地下1階もそうですが、結構うろついている人が多い模様。
みんな宝石が好きなんだなぁと思っていると、謎のリドル爺さん出現。
酸素?珪素?!
数回試みて、どうにか正解にたどり着きました。アイテムゲット→石英の鍵でした。
そうか、こういった入力式リドルも自作できるんだなぁと妙なところに関心しつつ探索は続きます。

深部にて地下3階への階段を発見、しかもエレベーターまで発見してしまいましたよ。
なるほど、一気に4階まで進めるわけですか。

あとは辺りの未踏破部分をしらみつぶしに歩いていけば地下2階も終わりです。
敵は・・・今のところ苦戦すようなヤツはでてきませんね。
でもそろそろ手強いのが増えてくる予感。

パーティは順調にレベルを上げております。平均レベルは7といったところ。

拍手[0回]

地下一階探索中・・・

気になったところといえば、鍵のかかったドアやら、鉱山夫やら酔っ払いやらゴミ箱やら。
L6~7まで鍛えましたが、困ったことが一つ。
「誰もデュマピック覚えねー」

そんな極端に悪い能力ではないのですが、侍、魔、司、誰も覚えようとしません。
まいった、今回はあんまりマッピングするつもりなかったんだけどな。

そんなこんなで山勘で進みつつ、下への階段を発見。
正直言って、山勘だけでは非常にわかりづらい作りのため早く覚えろよってなもんです。

数回地下2階で戦っていると、魔法使いブルゥがL7になり、ようやくデュマピック覚えたようです。
良かった良かった。・・・ずっとINT18だったんだけど。


クラップ Gno-G-Fig AC5 HP45 L6
ラスタ Dwa-N-Sam AC7 HP60 L6
アゲイン Hum-N-Fig AC6 HP56 L7
プロウド Elf-G-Pri AC7 HP38 L6
ディテイル Hob-N-Thi AC8 HP37 L7
ブルゥ Elf-N-Mag AC9 HP28 L7
デル Dwa-E-Fig AC8 HP36 L5
ジンダ Dwa-E-Bis AC9 HP35 L4
イズディ Hum-E-Pri AC8 HP30 L4

今のところ、死人も出ていませんし、豊富なマジックアイテム「魔石」のおかげで探索も順調。
これはきっとこの作品のキモなんでしょうか、低レベルの魔法が数回封じ込まれている石のようで、何のリスクもなくキュアポイズンやマジックライトが使えて超便利です。
ただちょっと出すぎじゃないですか?っていうぐらい、たくさん出ますけど。

あらかた最初のフロアは回りましたので、次のフロアへ本格的に行ってみるとしますか。

拍手[0回]

Wizardry Five Ordeals User Scenario 1
「虹色の聖杯」

突如始まりました、5つの試練のユーザーシナリオのプレイ日記。
主に短編を不定期にやっていこうかなと立ち上げてみました。

記念すべき第一回は、「虹色の聖杯」
先日ご縁のありましたマカーブルさん、もとい死者の舞踏さんの作品。

さっそくDLしてみましょう・・・・はやっ!
こんな簡単に新しいシナリオが入手できる。いい時代になったモンですね。

キャラ作成はもちろん一発決め。近くにclap your hands say yeahの1STが置いてあったので、その曲名から適当に名前をつけ、さっそく6人集めて地下に潜ります。
目的は「最下層にあるという聖杯の真偽」を確かめる、というもの。
一般に聖杯と言えばキリストの血を汲んだ聖遺物ですが、このシナリオではどのような扱いなんでしょう。

<小一時間ほど経過>

いろいろと試しながら、以下のように決定。今回はこんなパーティで進めてみますか。

クラップ Gno-G-Fig AC6 HP39 L5
ラスタ Dwa-N-Sam AC7 HP51 L5
アゲイン Hum-N-Fig AC6 HP55 L6
プロウド Elf-G-Pri AC7 HP28 L5
ディテイル Hob-N-Thi AC8 HP34 L6
ブルゥ Elf-N-Mag AC9 HP20 L5
デル Dwa-E-Fig AC8 HP26 L3
ジンダ Dwa-E-Bis AC9 HP20 L3
イズディ Hum-E-Pri AC8 HP13 L2

適当に作ったのがモロバレな感じですが、Gをメインに、たまにEをとっかえひっかえしながら進む予定。
ここまでの感想としては、経験値ちょっと少ないかなーということ、「魔石」というアイテムがごろごろ見つかること。まあまだ序盤ですし。次回は探索の幅をちょっと広げてみようかと。
まだ入り口からあまり遠くへは行ってません。

なお、一応ノーリセットで行けるところまで行こうと思いますが今回はあまりこだわらずに。







拍手[0回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]