忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~プロローグ~

私は、いつしか城塞の前に立っていた。

自分が何者で、どこから来たのか、
意識にもやがかかっているようで
何も、思い出すことができない。

見上げた空はどこまでも青かったが
どこか作り物めいた青さだと思った。

「人類最後の拠点にようこそ・・・」

突然、何者かが耳元で囁いた。
振り返ってもそこには誰の姿もない。

街中には、人っ子一人姿なく
人間の形をした影のようなものが道を
行き交っていた。

幽霊が住む街のようだった。

******

どうやら、私のような記憶をなくしたものがこの街には数人?いるようだ。
彼らと話しながら私は、自分の名前が「トニカク」で魔法使いであることを思い出した。
魔導師トニカク。よく覚えてはいないが間違いない、これが私の名前だ。
とりあえず私を含めた9人の仲間を集め、街の中や郊外を数日かかって探索した。

現時点で判っているのは、ここが郊外の「四つの尖塔」という迷宮(都市が埋没したものらしい)の他にはどこにも行けない閉鎖空間だということ。そして、迷宮1層でかつて人間だったモンスターたちと出会い、謎のヤカンの生み出したコピー人間?を打ち破らねば深部へは到達できないということだ。
あるときを境にオークやバンシー、サキュバスなどに変容してしまった、絶望にとらわれたかつての人間たち。
そして、不気味な笑うヤカン。何でもアカシック・レコードにアクセスして世界を再生させるとか何とか。

何故我々がここにいるのか。
その答えを知るためにも、なんとしてでもこの廃虚の地下迷宮にいるというヤカンに会う必要がありそうだ・・・

******

というわけで、始まりました#-1(シナリオナンバーマイナス1)。
トニカクの目線で(彼が死ななければ)語られる不気味なお話です。

現時点では善3人、中立3人、悪3人という9人でパーティを組み攻略に当たっています。
いわゆる「スケイル」に挑んだパーティーと同じスタイルですな。
いつまで続くかはわかりませんが、とりあえずノーリセットでがんばっています。
平均レベルは5~6といったところで、今のところ第二層の途中まで。

特徴的なのが防具に「重さ補正」があること。といってもユーザーシナリオでは多いんでしょうか。
いわゆる、フルプレートなら重7c72fed3.JPGいし動きづらいから素早さマイナス4ね、とかそんな感じ。

また、武器にも3種類に大きくカテゴリをわけて特長を持たせています。
その他、世界樹の影響でしょうか、いわゆる「強敵」の存在。
今のところは逃げ回っていますが・・・いつかは粉砕してやる。

テキストもフレーバーが上手く、まだ序盤ですがすっかりはまってしまった感じです。
この感じで最後まで行きたいですね。


※ところで、スクシャしたのがどうにもうまく反映されない。
 試行錯誤中で見づらくてすみません・・・クリックすれば多少見やすくはなるんですがねー




拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]