忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

滅多にこういったものを買うことはないんですけど、今回初めて挑戦してみました。
「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険」
5edb1dc0.jpegで、スタープラチナの雄姿です。

ストラップですけど、携帯につけてたらひかれるよなきっと・・・

え、ジョジョ愛が足りないって?

違います。
クレイジーダイヤモンドだったら躊躇せずつけます(爆)

は、時を止められた??!動けない・・・
うぐい「ひとおもいに・・・右でやってくれ・・・(ハアハア)」
うぐい「ひ・・・左・・・??!(ハアハアハア)」
うぐい「両方ですかぁ~?!」
うぐい「もしかしてオラオラですかァァ~??!?!?!?」

うぐい、はるか彼方に吹っ飛ばされて、リタイヤ

To Be Continued 

拍手[0回]

PR
ジョジョリオン #009 東方大弥の異常な愛情②

多分、日本一更新の遅いジョジョリオンの感想ブログ・・・
だってしょうがない、ここは田舎なんだし、さ。(←ちょっとすねてる)
でも離島の方はもっと遅い、か。

今日はもうお疲れモードなので、駆け足で。
前回は記憶を奪われてピンチな主人公、定助。
どうにかして、相手に自分の影を、自然に踏ませないとどんどん大事な記憶が取られていく。
戦う意思も奪われていくのが恐ろしい。

結局、二つ目の記憶「広瀬康穂」までも取られてしまいましたが、更にピンチなのはまさかの。
まさかの。色仕掛け・・・??!?!?!?

荒木先生の作品でこんな展開はこれまであったでしょうか。
恐るべし、ウルトラジャンプ。あ、「少年」じゃないからいいのか。

「理性」と「性欲」の間で揺れる定助でしたが当然そのまま終わるわけもなく、前回Soft&Wetで奪った「スイッチを消す音」が偶然発生、大弥はイケイケモードから臨戦モードに切り替わったのでした、と。
そのまま外へ買い物へ行くらしいのですが、うーん。

あっと、端折りましたが今回一番注目しなくてはならないのは親父、憲助でしょうな。
ベッドの上で密着している二人を見た父は、ある意味当然な反応を見せます。

ド ド ド ド ド ド ド

「こ・・・これはぁ~
なんだとおおオォ~ッ

わたしの末娘はまだ16だぞオォォ・・・

ブッ殺すッ!!

あの野郎ォオオオ 絶対に殺してやるウウ~~~ッ!」

品性の欠片もありませんが、これはまあまともな反応でしょう。
ですが、ここからさきがまさにジョジョな展開でした。

「だがおまえはよくやってるぞォォ・・・・・・
いいぞォォォ オ・・・オオ・・・・オ・・・ォォッもっとやれェェ~~ッ
・・・・・・・・・・
やりまくれェェ~~」

どうしましょうか、このダメ親父(笑)
だが、この後の「囚えるんだ・・・どうせ定助の記憶が戻ることはないんだからな」
とあわせて考えると、実に意味深です。
そしてさまざまな疑問点が。
① 憲助はやはり記憶を失う前の定助を知っている?
② 定助は記憶を失う前からスタンド使い?じゃあ初登場時にかまれていたのは?
③ 「玉4つ」のことを考えると、何らかの理由で子種が欲しいのか?って、そんな生々しい展開?

ダメだ・・・さっぱり話の展開がわからない・・・
でも、きっと次回で街へ出かけた定助は、記憶を失った状態で康穂に出会ってまた怒らせること間違いない!でもってそれがきっかけで?大弥を倒すヒントになるのでは。

だめだ、もう眠い。寝ます。ぐー。

拍手[0回]

お題の通り、最近あちこちで話題の「ジョジョ実写映画化?」について。
まさかヤフーニュースまで取り上げるとは思いませんでした。

昨年から「ウワサ」の形で出回ったものといっしょで、まだ「何も決まっていない」話だそうですが。
うーん、わたしも他の方々と同様に「却下」の咆哮で。
ちがう、「方向」か。まあいい。ちょうどいい誤変換だ!

2CHとか他所様あまり見てないんでわかりませんが、仮に構想があるとして、いったい何部をやるつもりなんでしょう?5年ほど前に映画化された第一部ですら、スピードワゴンをキャストから外すというありえない展開にかなりのブーイングが飛び交ったというのに。
っていうか私見逃してたんですけどね。DVD化待ってるんですけど、なぜかまったくその後の音沙汰なし。
こちらの想像以上に「ヤバかった」ということか?

アニメでもそんな状態なのに、幾ら「怪物くん」や「ベム」がヒットしたからといって実写っていうのはなぁ・・・という感想しか持ちえません。
さては、本当に企画はあるのだけれどもスタッフのほうでも賛否両論、あえてネットに情報を流すことで、市場調査(という言い方が適当かどうかはわかりませんが)をしているのでは、などとうがった見方もできるなぁ。

ま、仮に、もしも。
どうしてもやるっつぅーんなら。
日本が舞台である「第4部」のアナザーストーリー、かなぁ。
他の部は一切考えられませんよね。
乙一の小説をブラッシュアップして、どうですかね?「THE BOOK」は比較的映像向きかなぁと思ってみたり。
「嵐」の松本潤がジョジョなんて話がとびかっているようですが4部だと仗助?
あの髪型は再現できるんでしょうか。あ、ある意味簡単か。
もちろん露伴先生は荒木先生が演じるんですよね。
じゃあ、康一は?オクヤスは?などなど妄想が止まりませんね(苦笑)

ウワサでしかないこんな与太話に食いつき、頭では否定しつつも熱くなってしまう。
それがJOJO!

拍手[0回]

ジョジョリオン #008 東方大弥の異常な愛情①

言わずと知れた、ネタバレありの簡単な感想を。
未読の方は自己責任で。
っていうか・・・やっぱり今月も遅かった。発売日から3日後、か。
こういうときだけ地方在住の悲しみを感じてみたり。
あ、こういうときだけですよ?

さてさて、前回予想したのとは全然違う内容に驚かされました。
っていうか、それが当たり前ですね!常に斜め上を行く展開!

案の定大弥はスタンド使いでした。「カリフォルニア・キング・ベッドちゃん!」
ちゃん!って。
しかも能力は条件付で記憶を奪うプチ・ホワイトスネイク。
だけど行動はリンゴォのマンダム。「公正さこそルール」ときたか。
記憶喪失なのにまた奪われる記憶。不幸ですな、主人公。

そして、康穂の家。突っ込みどころが多すぎる。
その自宅は誰がどう見てもアメリカとかの一般住宅の造り!なぜ!
「ママ」はもう・・・いわゆるだらしない女、ということなんでしょうな。
酔ってだらしなく眠りこける母に、涙し飛び出す康穂。
それでも毛布をかけるあたり、彼女の優しさがにじみでていますね。
康一君は幸せな家庭でしたが、彼女の家庭は完全に壊れてしまっているようです。
おそらくは父親もいない、あるいは誰かすらも知らない?

吉良吉影と定助がDNA分析で95.8%の確率で同一人物、というのはまあ納得できますか。
原因はきっとぶっ飛びすぎていて予想もつきませんが「玉×4」はつまりそういうことだったんですね。
吉良と定助は何かで交じり合った、のか??

そして謎のマークですね。じっと見ているとなんだか象形文字か、もしくは人の形に見えなくもないそれが康穂の記憶に残っていました。東方家で見たことがある、と!
きっと忍び込むんだろうな。そこで危機に陥り自分のスタンドも開花させる、みたいな。

また場面は変わり。
「ルール」にのっとった奇妙な戦いが幕をあけました。
「大弥に気を遣わせないように、定助の影を踏ませること」
・・・よくわからない、わかりづらいルールです。ただこの条件が満たされれば記憶は戻るんだとか。わざわざ実演してくれるところがこれまでにない感じ。
が、「奪う」能力のSoft&Wetならどうにかなりそうです。ただサブタイトルに①、とあるので3話以上はひっぱるんだろうなぁ」。
「奪う」って書いて、ふと思いましたが。これまでのスタンドは定助のも含めてすべて「奪う」能力・・・
なにか関係があるんだろうか?
そんなわけでここからは静かな心理戦がスタート。
「あるいはもしも!・・・あなたが罠のつもりでライトのスイッチを消したってことならァ・・・
あたしに『気を遣わせてる』ってこと意味してるんだからねェェェ~~?」

怖いよ怖いよ(がくがくぶるぶる)

どういう形で落ち着くのかはわかりませんが、定助はあと二つ、三つは記憶を取られてしまうんだと予想。
その中にはきっと「康穂の記憶」も入っていて、そんなときに当の康穂に遭遇!
~なんてな、ハハハ・・・

来月も楽しみですね!

拍手[0回]

ジョジョリオン #007  東方家の人々
まさかここを読んでいる人でまだ読んでいないって人はいないだろうが・・・
一応、ネタバレ有り。

・・・今月は長かった!
北海道特有(でもないが)の大雪のせいで、通常発売日から2日遅れで入手できるUJが5日遅れの今日やっと購入できたんだ、とそういうことです。
待っていたぜぇぇぇぇぇぇっ!

一挙に今月はUJ、コミックス一巻、DIOが主人公の小説、と大豊作の月でもありました。
ああ、散財。

時間がないのでざくっと考察。
今回判明した家族は、やっぱりというかぶっ飛んでいる方々ばかり。
東方家の家長、憲助(59歳)・・・東方ふるうつ屋の4代目。ふるうつ、かよ。そしてSBRの東方の子孫であることも判明。奉仕の精神を表向き語りつつ、権力や金やらで言うことをきかせるタイプのようだ。
腹黒いことは腹黒いが、まだわからんことが多すぎるなぁ。
長男、常敏。今回不在のため詳細不明、妻と子あり。きっとトゲトゲの服を着ていたあいつか。
長男の嫁、蜜葉(31歳)・・・今回台詞が一言もなく、やっぱり詳細不明。同居してんのね。
長男の嫁の子、つるぎ(2歳)・・・みんな言ってますね。お前、静・ジョースターだろ?
長女、鳩(24歳)・・・モデル。地方在住のモデルなのか。たまたま家に帰ってきてたのかわからんがモデルだけあって自己主張も衣装もすごい。
次男、常秀(18歳)・・・大学生、だったよな。最初からとにかく不幸の嵐。自業自得か?いつかは定助と友情を育むことができるのだろうか。いずれスタンドに目覚めるのは確定なので、彼目線でストーリーが進めばちょっとはいいところが出てくるに違いない。きっと。
次女、大弥(16歳)・・・まんまSBRのシュガーマウンテン。プログレ好きで目が不自由。
そして今回の話のキーワード。後述。
家政婦、虹村さん(22歳)・・・怖い。ただその一言。それにしても虹村姓か。広瀬康穂といい、あと誰が4部から女性化するんだろう?露伴はなさそうだ。

これで8名、と。
いったい、何人がスタンド使いなのか。
とりあえず、なんの根拠もなく、5人!と言っておこうか。除外されるのは親父憲助と外から入ってきた蜜葉、そして虹村さん、かなあ。案外全員スタンド使いかもしれんが。ま、ただの予想ということで。

ストーリー的には、前半で家族紹介、後半が大弥の世話をすることになった定助のトラブル。
ああ、死亡したキラと同じマークが東方家の「上の部屋」にあったりとかなぜか康穂が出入り禁止になったりとかいろいろありますが、やはり大弥か。
いろいろ考えられるが「あのスタンドは大弥自身」と予想しておこう。
彼女自身が「気を遣う」と自身を傷つけるスタンド!だから地雷!
生まれつき目が不自由かつナイーヴな彼女はいつも「気を遣われて」いたため、「気を遣われたくない」という彼女の心がスタンドとして目覚めた。しかしその力は外には向かわず(コントロールできず)自傷行為に結果なってしまうという・・・無理があるかなぁ。
問題は大怪我した彼女の傷をどうするか、だが。案外東方家にはクレイジーダイヤモンドなみに「壊れたものを治す」スタンド使いがいてこんなことは日常茶飯事だったりして?
来月が待ち遠しい。

******

ジョジョリオンコミック1巻。
ひとつだけ。裏表紙の解説がおかしい。康穂や常秀は大学生のはずなのに高校生扱いになっている。
担当者出て来い!
はっ、ひょっとしてそれをごまかすためのドレスアップカバーか!?(そんなばかな)

******

DIOの小説、OVER HEAVEN。
なんというのか、1部、3部、6部の裏側。
DIOの遺した手記を再構築したものなのだが、違和感ありまくりだった6部回想シーンのDIOが、これでちょっとは理解できるかも。
前作もそうだが、JOJOを読んでいない人には絶対意味不明な小説です。
5部の後日譚的な前作と比べると、1,3,6部を補完する感じでしょうか。
そして長年謎だった1部ラストシーンの謎が最後の最後、あきらかにされる!
うーむむむむ、そういう解釈できたか。なんとなく、まだ納得できていない部分あるが、実に論理的だ・・・

ま、そーいうことで、ファンは読め。以上。
けっきょく長くなってるのはご愛嬌ということで。

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]