忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

災禍の中心に在る者 17.5

「ロストではない、喪失」

80日目~83日目

チームE、「プレイハウス・ミステリーシアター」へやってくる。
そして、何を思ったかドワーフの女戦士が一人、パーティを離れて単身、危険地帯へ乗り込んでいった。

待つこと数十分・・・
ロカヒ「おや、どうも上手くいったみたいですよ~」
イレイサー「反応が、あったのか?」
ロカヒ「おそらく、ですけど。しかし良かった良かった。ウチの盾が無事で。」
マサヨン「まったく。普通だったら絶対に行かせなかったんだけどね」
ロカヒ「KANDIの感じからすると、もう数人復活したみたいですねぇ。行ってみましょうか」
オム「(地図を見ながら)そうか、こっち側へ抜けるんだなぁ」

遠回りをして、いわゆる「復活の泉」に集まったチームG、チームEの面々。
メーヴを含めて助けてもらったチームG、恐縮しきり、といった感だが、浮かぬ顔をしているのはそのせいだけではなかった。まだ一人、救助されていないメンバーがいるからだ。
ソレイユ「ここよりも、南西。アーサーどうしてそんなところにいるのかしら?」
グエロ「まあ、後は我々だけでなんとかなるだろう。」
ムゥボ「早く迎えに行かないとな」
メーヴ「ほんっっっとに、ありがとね、ウェル。帰ったらごちそうするよっ」
ウェル「まぁ、勝算(っていうか体力だけだけど)あったしね。お互い様ってことで。」
イレイサー「次からはよくよく気をつけてほしいものだな。そう何度もできることではないぞ?」

だが、それから数日立ってもアーサーの遺体は結局、見つかることはなかった。
未踏破と思われる壁の向こうのポイントに遺体の反応があるという。
だが、現時点ではそこへ行く手段がない。
途方にくれるチームG 。
とりあえずでも誰かメンバーを補充して探索を再開させろ、とチームEから催促されるが、そう都合のいい人材が見つかるわけもなく。

そんなとき、酒場にふらりと現れた男がいた。
結果だけを言うと、その東洋から来たという旅の僧が新しい仲間になるのである。
彼の名は、チャン・ダラーといった・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
後釜が決まったようですね
なかなか怪しそうな雰囲気を持つ御仁ですが
パーティの救世主となるでしょうか? 続きに期待してます!
Marutabo 2012/04/26(Thu)08:36:50 編集
更新が遅めですが
Marutabo様>更新が最近遅めですが、どうにかほぼ毎日潜っています・・・ちょこっとづつですが。アップできる時間がとれないんですよねぇ最近。よって「冒険の中断」多用中。
チャンは、はい、怪しいです(笑)
うぐい URL 2012/04/28(Sat)21:28:27 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]