忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765]  [764
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緋蓮城哀歌 第2部 3

さて、前日はまさかのエレベータ消失事件(笑)でドキドキしてしまったが、今日はどんな感じか・・・

第一チームあらため、チームGが出陣。
あ、呼び名を元に戻しただけです、念のため。
こっちの方がやはりあってますなー。

チームEが踏破した部分をなぞるように古の洞窟B1Fから順調にキーアイテムをGET。
わざと素通りしたB3F、有名な回転床とPITのフロアを丹念にMAP埋めしていきます。
ま、これはチームEのバード、マカーブルが浮遊魔法を覚え忘れたためでありまして・・・

そして、階段で行かなかったB4Fの一区画に行ってみようと思い立ち、決行。

アイリン「うわさによると、ここには『カエルの剣』があるとかないとか」
ルクス「いやー、さすがにそれはないと(汗)」

代わりに見つけたのは
  カルコ・・・サイオニックの透視の呪文。1ブロック先の向こう側が岩かどうかを調べる滅多に使わない魔法。

ジル「大変ッス!うちにサイオニックいないッスよ?」
アヌエウス「(無言で挙手)・・・岩ダワサ。」
メイ「忘れてたわ、モンクもサイオニック魔法習得するんだったっけ」
ヒッサー「ツマリ、コレ、ワナ?」
ルクス「ずいぶん親切なトラップねぇ・・・逆に怪しかったりして」
ジル「え、やっぱりそうッスかね、じゃあ入ってみますか」
全員「やぁめぇぇぇっい!」
アイリン「ジル、いい加減『慎重』って言葉の意味覚えようよ・・・でも、B5Fへの階段があると思っていたけど、ここがこんなんじゃぁこの区画には何もないようね」

一度B3Fに戻り、エレベーターでB4Fの別区画へ。
コントロールセンター(表記はなぜかモンスター訓練センター)へ行き、やはりあっさりとガーディアン撃破。
無事ピンクリボンを入手したのだった。

ジル「この調子ならあっという間にこのダンジョンクリアしてしまいそうッスね!」

・・・が、すぐにそうではなかったことを思い知らされる冒険者達であった・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ジル(笑)
その内、一瞬で灰になる罠とかにひっかかったとしても、まだ懲りてなさそう(^_^;)
アイリンの『とげとげメイス』で教育された方が良さそうですね、
マルっちもそうやって教育され…ムガ…モガ…(口をふさがれる)

マルタボー
「失敬な!、オイラは『好奇心旺盛』なだけだ!
 それに誰がアイリンみたいな『ナイ乳』に教…(ぼかっ!)」
アイリン
「そっくりじゃないの!、それに最後は関係ないでしょっ!!」
めい 2014/01/14(Tue)21:15:33 編集
ピーターパンシンドロームとは違うか
めい様>ジルはもう、ずっとこのポジションで(笑)
後輩でも作らないと立ち位置は変わらなさそうです。
ま、今回の緋蓮城は情け容赦のない「ヘビーモードでのノーリセット」ですから、彼もうっかりロスト、だってありえるんですよね。フフフ・・・
うぐい 2014/01/18(Sat)14:41:49 編集
カルコ一世一代の出番
なまじ原作を知ってるとこの先は階段だと思って…ですね。
Marutabo 2014/01/19(Sun)20:14:58 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]