忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アスタリスク 2

~明日。危険(リスク)?~
  8481caa3.jpeg
などというボケをかましつつ。
こんな感じで全滅の危機におちいってみたり。
はい、完全なリスキーゲームですね。
状況は、初めての爆弾、みんなのHP高くて60、低くて25とかそんな感じでダメージ140とか。うーんデストラップ。

殺ル気満々だ・・・ガトーが生き残ったのが不思議すぎる。


現状、システムやなんやらにもやもやしながらも。
全員L9ですぜ!
二つ目の迷宮「暗き廃坑道」で延々とレベルアップを図ります。
諸事情で、ここのボス(盗賊団)は先行しているパーティーが倒しており、そいつはもう出現せずにキーアイテムをゲット。

あとはひたすら狩り、宝箱を開けまくりました。
そろそろ次のエリアに向かえるといったところでしょうか?

なぜここまで粘ったかといえば、マハミィですね。
彼女が範囲攻撃魔法を覚えてくれないと、生き残れない!
で、L9!
・・・マハリト相当のマリト、結局習得せず。
雷系の範囲魔法、マダルクをようやく習得したのでした・・・つ、辛いぞ、この先も。

そうそう、「傭兵システム」を初利用。7人目のパーティとして、有料で仲間を加えることが出来ます。戦士しかおらず、1000GP払って雇い入れました(この時点でも安い額なんですよ、これで)。装備も自由にできますし、経験値が分散されますが彼もレベルアップするみたいです。でも7人目入れることができるならプレイヤーキャラクターを入れさせろよ・・・

謎の剣士「そういうわけで、傭兵として雇われたジョセフでーす」
マハミィ「今わたし機嫌悪いのよ、あっち行ってて。リトからの発展系だから使えないわけないのよね、私が。あの発現式の表現法が間違っているのかしら。それとも・・・(ぶつぶつ)」
ジョセフ「オー、マイガッ!俺の言動が何かお気にさわりましたぁー?でもこんな美人のいるパーティに雇ってもらえてハッピーウレピーヨロピクネー」
パドミニ「なに、こいつ。無駄に軽いわね」

ラマ「でも我々よりレベル上(L10)ですし。先輩方のご推薦ですから」
ガトー&ジョセフ「はい、みなさんもご一緒に!ハッピーウレピーヨロピクネー(ニャア)」
エイブ「ガトー、ずいぶん仲がいいじゃないか。・・・ん、どうしたヂミー?」
ヂミー「(ぼそぼそと)この、チーズ美味・・・いや。やはり冷奴でないと・・・隣町まで行けさえすれば・・・」
エイブ「???(たまにしゃべったかと思えば)」

パドミニ「ところでその『先輩方』は一体どこ行ったのかしら?」
ラマ「隣町で待ってるって行ってたじゃないですか」
パドミニ「そう・・・だったっけ。」
ラマ「騒々しい方々でしたが、腕は確かでしたからね。これからは組んで一仕事、なんでしょうか?」
エイブ「俺は御免被るがな・・・なによりあの好色エルフと黒メイジが好かん。」
パドミニ「ウグイとトニカク、だっけ?けっこう有名な冒険者らしいけど、ねぇ」

拍手[0回]

PR
アスタリスク 1

~プロローグ~

古くからの都、ヒンデン。
この巨大都市を中心にした都市国家がその栄華を競い合うようになってから幾年の年が流れたであろうか。
人々は繁栄を謳歌し、この平和な日々が続くことに誰も疑いをもってはいなかった、そんな時代。

しかし、あるとき。
何の前触れもなく、古都ヒンデンが巨大な光球に包まれたのだ。
人々は噂し、ただ恐れた・・・

そして数日後。
各町を繋ぐ街道のことごとくが、異常に凶暴化した魔物の群れに占拠されていた。
今では隣の町へ行くことすら、命がけとなってしまっていた。
そんな中、光球の騒ぎもまだ収まらぬ田舎町、イドゥアの町門前に一人の少女が忽然と姿を現した。
記憶を失ったその少女の語った言葉は唯一、「グ=べザム」。
その言葉が何を意味するのか?
この異常事態となにか関係があるのか?
誰にも確たることは言えないまま、記憶をとりもどすことができるという薬を求め、居合わせていた冒険者達が結集したのであった・・・

ガトー「で、俺達の出番なんだニャア(だみ声で)」
パドミニ「ニャアニャアうるさいわね、顔としゃべり方が一致してないわよ?!」
マハミィ「そうそう。私たちよりも腕が立つ冒険者たちが先行しているんでしょ?早く行かなきゃ」
ヂミー「・・・」
エイブ「なんでこんなところにいるのだ?私は・・・確か死者の迷宮で宝箱に触ったところまでは覚えているんだがなぁ・・・」
ラマ「まだそんなこと言ってるんですか?あなたの故郷がヴァレリア島だかバラリア島だか知りませんけど、腕が立ちそうだから連れて行くんですよ、しっかりしてください。」
エイブ「ああ、ヴァレリア島を誰も知らないこんな田舎に飛ばされるだなんて・・・(めそめそ)」
ガトー「こいつ、本当に大丈夫かニャ?」
マハミィ「だからしゃべり方怖いって、あなた。でも彼の持っている剣見て、ブロードソードよ。身のこなしも素人じゃあなさそうだし」
パドミニ「そうね・・・とにかく6人集まってるわけだし、これで暫定パーティの結成ね。私も早くこの異常事態を片付けてリルガミンに帰る方法を見つけないと。」
ラマ「あれ、パドミニさんも飛ばされたクチですか?」
パドミニ「それが混乱しててよくわからないのよね・・・トランプのカードとかヤカンとか酔っ払った魔法使いとかと話をしていたような・・・」
ラマ「は、ははは・・・(だめだこりゃ、相当錯乱してないか?)」

と、いうわけで、始まりましたウィザードリィアスタリスク。
先行しているパーティや導入部など含めて、オリジナルの要素を少しだけまぶしつつ、プレイ日記を作っていきます。
現状は平均L5。
この作品、他と比べてとにかくオリジナルの要素がたくさんありすぎです。
同社のエルミとかに全く引き継がれていないことを考えると、そのほとんどが失敗だった、もしくは煮詰まっていないアイデアだった、ということが言えるかもしれませんが。
つっこむネタはたくさんあるので、ぼちぼちやっていきましょう。

ノーリセットではないってだけで、気楽にできますねぇー(笑)

まず今作の特徴が、各町間の移動がすべてダンジョン経由!
最後までこうなのかはよくわかりませんが、外伝3より惨い感じがします、すでに。
あっちは街一つでしたが、こちらは4つもあるんですよねぇ。
ということで、地上ダンジョンが各町の移動、地下ダンジョンがこれまでの迷宮、といった感じでしょうか。
で、最初の「イドゥアの青き森」。
「勇気の洞窟」と「暗き廃坑道」の二つの迷宮の入り口につながっています。
最初は勇気の洞窟。
地下3階までで、それほど迷宮としては難しくはないのですが、とにかくエンカウントが多い!!
敵は弱くて、虫やらスライムやら動く硬貨やら、ですけど出現数も多くて一戦一戦に時間がかかります。
こんなときに頼りになるのは攻撃魔法なんですが・・・
唯一のメイジ、マハミィが習得率悪すぎです(泣)
レベル5の現時点でマハリト相当のマリトのみならず、魔法レベル3の魔法を一つも習得していません!
同じレベル3になったラマ君は、何の問題もなく魔法レベル3までの魔法を全て覚えたというのに。
習得率、の問題だけなんだろうか・・・
それでもどうにか、ここのボス、イリュージョンドラゴンを撃破。
彼?はどうも今作でのマーフィー先生をかねているらしく、その場で何回も戦えたり、すぐそばに回復の泉があったり、といたれりつくせりです。
でも油断してるとパーティに死人が出ます(笑)
このプレイで初死亡はこのイリュージョンドラゴンのブレス、被害者はマハミィでした。
「もっと呪文勉強しろぉー!」ということなのでしょうか?
もう少しここで稼いでいきたいのですが・・・一人250EXP、としょぼい経験値、意外にある攻撃力のために、あまり安全であるとは言いがたい、かも。

つづく。

拍手[0回]

皆様、募集に応じてくださってありがとうございます!
まずはステータス画面を貼ってみましょうか。

de4c16ef.jpeg120611_024948.jpg120611_025119.jpg











120611_025159.jpg120611_025227.jpg120611_025252.jpg










携帯なので、見づらいですねぇ!!
見る環境によっては何が何だかわからないかもしれませんがご容赦を。
全員、ボーナスは15以上です。最も高ボーナスは前回に引き続き参戦のパドミニさん、なんと30!
一番のエリートです。モンクはなかなか基準が高かったので仕方ありませんが。
ヂミーとガトーだけ、L2ですね。
諸都合で、ある程度レベルをあげてからの開始にしようかな、と。
とりあえずはL5ぐらいかなぁ。

あ、そうそう話題の?顔グラですが、これでもかなりやり直しています。
洋ゲーかっていうこのテイストが、ある意味たまりませんが・・・マハミィとか目が真っ赤に光るダークエルフになってしまい、思わず吹きました(苦笑)

それとですねぇ、このROM、確認するとバグが修正されていない初期ロットでした。
っていうことは、敵がサイマハン唱えるとゲームがフリーズ・・・フリーズ?
データがそれで壊れるなら詰みですかね。こまめにセーブできる作品なので、データさえ壊れなければ・・・
 

拍手[0回]

NINTENDO DS をプラットフォームにもつ星魚の怪作

WIZARDRY ASTERISK ~緋色の封印~

そも、アスタリスクとはなんぞや?とちょっと調べると・・・なるほど、星印
か。原語の意味は「小さい星」だそうな。コンピューターの世界ではよく目にしますな。

で、スターフィッシュより2005年12月29日に発売された、同社初のDS・WIZ。
約7年前、か。エルミPSから遡ること約3年前・・・
バグが、とにかくバグが多いということで一部では有名な?レアソフトです。
そんなしろものを、偶然にも攻略本つきで昨年ゲット。
そして、今、無謀にもキャラを公募のうえでの攻略に挑もうか、と。

ま、ぐだぐだ書くよりもさっさと始めましょうか。公募のルールは以下のとおり。
けっこう条件っていうか決めてもらうの多いかも。

ゲームの詳細を今ここであげるつもりまったくありません、ごめんなさい。
各自WIKIを参照してください・・・ま、イメージ優先で考えてもらったほうが良いでしょう。
エルミとはもちろん、ぜんぜん違いますよ!!
たぶん、エンパイア4みたいといえばわかる人はわかるかと。魔法体系も。

1 名前(15文字まで!長いなー。よほど変なものでなければ不採用とはしません。)
2 ニックネーム(6文字まで)
3 性別(もちろん男女で。第3の性別?はなしで)
4 種族(HUMAN、ELF、DWARF、GNOME、HOBBIT、FARIY、WERBEAST、DRAGONNEOの8種。悪魔は後半らしいぞ)
5 性格(基本と同じGNE。ただし何の制限もなくみんな同じパーティに入れます。職業だけに影響!)
6 職業(第一、第二希望まで)ここが問題だ。
  戦士、魔法使い、僧侶、盗賊、司祭、弓使い、侍、修道僧、神女。
  本当はもっとあるのだが、ゲームの進行の程度で今はここまで。つまり先行パーティが存在します。
  ボーナスは比較的高いのが出やすいかも。でも一応、一人5回ぐらいのやりなおしにさせてください。
7 キャラの簡単なプロフなど。今回は性格付けなど綿密にはできないでしょうし・・・

 その他。そして以外に重要なこと。ここの管理人は他の作品に浮気することもあれば公私ともに忙しいときもあり、このプレイ日記もかなり長丁場になることが予想されます。・・・一年、とか?投げ出すことは基本ありませんが。そんなわけで気の長い方向けかなあと。
 そうそう、できれば他所のサイトなどでキャラや設定が固まっていない無垢な子だと良いです。勝手に設定(妄想)が膨らむことが、私多いもので。あるいは自分のところとは「別人格」ということで理解してくだされば。
 

ふう、こんなところかな?
3~4人でも集まると良いのですが。



拍手[0回]

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]