忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金剛石の騎士たち 16

16日目

チームG
ひたすら、灰と化したラハを蘇生させるための費用である2000ゴールドが貯まるまで、定点で稼ぎ続ける。
本日の稼ぎは・・・3010ゴールド。もう十分だ。
フォールズがL7、ドワコがL8にそれぞれ上がった。
そして、運命のとき。カント寺院での儀式の行方は?!

成功!ラハ:ギィアルは元気になった。
それにしても、これほど日数がかかるとは思わなかった。
しかしこれで、ようやくフルメンバーだ。

チームN
十分に実力がついたと判断、地下2階深部を目指す。
3パーティで一本のみの、切り裂きの剣が頼もしすぎる。
スモッグビースト以外はさほど苦労することなく、どんどん進んでいった。
醜く太ったオークに出会ったものの、案の定なにも成果なし。
行き詰ったか?いや、チームGの出方次第ではないのか?
彼らが奇妙な紋章を入手すれば、きっと・・・
本日の探索で、カケルがL9に上がる。

チームE
2回目の、地下3階への探索。
いまだLATUMAPICがないため、敵の見極めは慎重に行かなければ。
などと思いながら、曲がりくねった通路を探索中のこと。
シュート!!!!!

まずい、何も考えずにイベント床を踏んでしまった!
地下4階へ落とされたチームEの面々。
もちろん帰り道はわからない。そして周囲はダークゾーン。

まさに、メメント・モリ(死を思え)

 


金剛石の騎士たち 16の続き。

(チームE)
まさかの地下4階。
最初に遭遇したスクライルに、僧侶アモンが1Lドレインを受けてしまう。
そして、そのお供のイビルアイの連続ブレス・・・
すわ、全滅か?!

いや、まだ全員生き残っていた。しかし、うち3人はHP一桁だ。
次のブレスが決まれば生存の可能性は一気に減ってしまう。
しかし、この局面で逃げることは考えなかった。
ケーニャ、B・スペイサーの攻撃魔法が先に決まれば・・・

決まった!
見事、魔法使い’ズのDALTO、MADALTOが先に敵にむかって発動した。
わずか残ったイビルアイも、戦士2人がきっちり仕事を果たした。
危なかった。
だが、まだ数ブロックしか進んでおらず、出口はおろかダークゾーンすら脱出できていない。
この先の戦闘をしのげるのだろうか?

と、すぐにダークゾーンは突破できた。正面の通路には扉が二つ。さらに先にダークゾーン。
どっちだ?
直感で左に入る。正体不明の存在が一体出現したが、これは正体を知る前に瞬殺。
さらに先の扉があり、入ると一ブロック四方の小部屋に扉が4枚。南から入ってきたのと、西の扉は同じ部屋から続いていることは確認済み。
ということは、北か、東か。
散々迷った末、北の扉を開いた!

「マピロ・マハマ・ディロマト」

きたぁああああああああああああ!
生還!

マルタボー、すあま、ガッサムの3人がL10となった。
得がたい経験だった・・・

そういや大昔GBC版でもPSのリルサガでも似たようなところで全滅を免れていたような気がします。成長ないなあ、自分(泣)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シュート!
↑機種によっては床に目印ないので心臓に悪いです。

それにしても地下3階の探索も進んでいないのに地下4階に放り出されるとは…
危ない所でしたがまだまだチームEには運がありましたね。
無事生還できて良かったです。
Marutabo 2010/09/19(Sun)13:43:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]