忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金剛石の騎士たち 33

三十九日目

チームG
エルフ戦士、オリノコの1人稼ぎは続く。
マーフィーのところで延々と戦うわけだが、回復役がいないのと初期装備であるためか、あまり長時間の戦闘が出来ないのが難点だ。突発的な事故は起こらないので、それだけが救いか。
本日で5276ゴールドとなる。
チームEに6000の借金があるから、おそらく明日それを返して終わりだろうか。
そんな中、彼はついにL13のマスタークラスに認定された。
誰も祝ってくれないが・・・

チームN
この間は不覚を取ったが、今回は無事に地下4階へ。
チームEに遅れること二日、彼らも無事にマスターキーを入手することが出来た。
いつも以上に敵の抵抗厳しく、今日はすぐに帰還。
アドア、ステイアの2人が無事にマスタークラスに到達。
それぞれが、系統の魔法全てを習得したことを確認。

カケル「ちょ、ちょっと俺は?」
Hit「おまえ、いつも死んでるからな。ステイア見習って毎日筋トレやジョギングしてみたらどうだい?」
カケル「あいつは規格外なんだよっ!
      だいたい俺の方が能力あるはずなのに、なんでドワーフに負けるんだ・・・」
エルアキ「(ぼそっと)お前差別主義者だったのか」
カケル「あ、いや!そういうつもりで言ったわけじゃ。は、はは、は・・・」
アドア「なんでもいいけど、しっかりしないとすあま達に負けてしまうわ」
ステイア「そうね、一気に二つも見つけたって。マルタボー凄い。」
Hit「あと、ひとつか。やっぱり地下5階にあるんだろうな」
話題が変わり、彼らはチームEや地下5階の話などを始めた。
カケルはこれ以上追求されなかったことを思い心底ほっとした。
なにか、なにかでステイアを、仲間を見返したい、認められたい。
今のままでは・・・

チームE
噂の渦中のドワーフ、マルタボーは1人迷宮にいた。
昨日は仲間達をカントに預け、さっさとKOD'Sの2つを寺院へ奉納し、宿に直行。
遅い朝食をかきこみ、話を聞きたそうな野次馬どもをふりきって地下へ降りた。
先行してエルフが彼の目的地に向かっていたが、気にはしない。
どうせ半日もその部屋での「修行」には耐えられないだろう。
とある部屋の近くにて、待つことしばし。

マルタボーの読みどおり、数十分ほどで憔悴しきったエルフの戦士が、マルタボーの前に現れた。
オリノコ「ずっと、(ハアハア)待って、いたのかい」
マルタボー「いや、今来たところだ。タイミングはぴったりだったみたいだしな」
オリノコ「ご覧のとおり、さ。無様だろう?もう何とでも言ってくれ」
マルタボー「敗者を痛めつける趣味はねぇ。それよりこっちも入用でな。貸した金はすぐに返してもらうぞ」
オリノコ「・・・そうだな、明日には返せる見込みだ。」
マルタボー「じゃあさっさと帰るんだな。今のお前じゃコボルドにも勝てまい」
そう言って、ドワーフは懐から小さな瓶を取り出すと放って投げた。
あわてて受け取るオリノコ。
マルタボー「DIOSのポーションだ。特別に今回は利息に含めてやるぜ。飲んでいきな」
オリノコ「・・・」
マルタボー「おっと、勘違いするなよ。お前に死なれたら借金返してもらえなくなる。
それにこんなことを俺が思いつくわけねぇだろうが。遠まわしに言ってきたのはあの守銭奴よ」
鋭く一瞥して、オリノコは無言のまま、立ち去った。
マルタボー「ま、エルアキっつーよりは、アドアの意向だろうがな・・・ま、関係ねーか」
つぶやきつつ、奥へ進むドワーフであった。

今日の稼ぎで、すあま、シン・シロが復活。  

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]