忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金剛石の騎士たち 52.5

七十七日目 早朝

街のはずれ、地下迷宮への入り口。
厳重に管理されたその深遠へと続く穴の淵に、1人のエルフがたたずんでいた。
彼の名はカーディ。まだ陽が昇ったばかりのこの時間に、誰かを待っているのか・・・

マルタボー「珍しいな、お前が先に来ているとは」
カーディ「まあな、さすがに今日は特別だからな」
マルタボー「・・・まず間違いはないだろうさ。あの扉の奥に俺ですら感じられる凄まじい霊気があるんだから」
カーディ「私は初めてだからな、よくわからんが・・・勝算はあるのか」
マルタボー「怖気ずいたか、エルフ」
カーディ「怖気ずく、だと?この私がか」
マルタボー「そういう風にしか聞けなかったがな」
カーディ「ふん、無神経なドワーフに繊細なエルフの心を理解されるわけはないがな」
マルタボー「繊細、か!笑わせてくれる。エルフが皆そうなら、すあま姐さんも腹抱えて笑うだろうよ」
カーディ「スァーマーか・・・あいつは特別だったからな」
マルタボー「・・・過去になにがあったんだ、お前達は。思わせぶりな口をたたいていたようだったが」
カーディ「昔の、・・・ただの運が悪い女の話、だ。」
マルタボー「?」
カーディ「そうだな、今日帰ってきたら話すのもよいかもな。そら、他の連中も来たようだ」

大通りを、重武装で歩いてくる数人の人影を見つめながら、カーディは黙った。
マルタボーも、それ以上追求しなかった。
まずは目前の大仕事にとりかからねばならない。
事実上のリーダーとなっている彼には確認すべき事項、やらねばならぬことが山積みなのだから。

そして、準備を整えた一行は、深い地の底へと降りて行ったのだった。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
突入隊はチームEでしょうか
「今日帰ってきたら話す」
何だか不吉な予感がひしひしと。
ともかく今は推移を見守るしかなさそうですね。
ご武運を…
Marutabo 2011/06/16(Thu)21:59:01 編集
詳細は53を見よ
Marutabo様
はい、フラグがたったせいで「53」のようになってしまいました・・・
ため息、です。
うぐい URL 2011/06/20(Mon)00:09:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]