忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

騎士団×盗賊団 番外編2
       ~思惑と駆け引き~

 ささやき いのり えいしょう ねんじろ!

私がこの世に呼び戻されたのは、死んでからたっぷり12日過ぎてからからだと目の前の僧侶は語った。
死んでいた?・・・どうも私自身の記憶が混乱しているようだが・・・そもそも私は誰だ!?
少し休みなさない、あなたには休息が必要だ、という僧侶の声を聞きながら、私はまた深い眠りへと落ちていった。

目を覚ますと、見知った初老の顔が簡素なベッドの横にあった。
「イーハ君、お目覚めかな?私が誰かわかるかね」
そうだ、この男は私の所属するガルディアス騎士団の上役、レブナント卿だ。
そして私は、イーハ・ゼオン。宝珠探索という名誉ある任務についている騎士団の末席。
確か、私たちは第2層の隠された部屋で、悪鬼どもに襲われたのだった。
最後の記憶はその悪鬼フィーンドの火炎魔法をうけて何人もの仲間と一緒になぎ倒されたところまで・・・
あわてて、まわりを見返すも、まわりに幾つかのベッドはあるが私とレブナント卿以外にこの部屋には誰もいないようだ。よく見れば、ここが王宮内の我が騎士団の詰め所であることがわかる。
「卿、私一人なのですか?他の者は?!探索はいったい?」
レブナント卿はいつも以上に額にしわを寄せながら困難な現状を語ってくれた。

私たちガルディアス騎士団の探索隊が全滅したのと時を前後して、リルガミンを含めて各地で報告されている天変地異がよりいっそう酷い状況になったらしい。
地震、洪水、野火、日照り、嵐、などなど、考えうる自然災害がいっぺんに各地を襲ったようだ。
それに伴い、夜盗、強盗などの人災が広まっており、騎士団のほとんどの者が領地の人民を守るためにその人手を割かれていた。
我が騎士団についてもそれは同様だ。宝珠探索にまともな支援が受けられないのもその為であり、何度も歯がゆい思いをしたものだったが、これまでもかなり酷い有様だった。
しかし、状況は私が冥界を覗いている間にさらに悪い方向へと突き進んでいるようであった。

その肝心の探索は、他の2部隊が(我々もそうだが)情報をほとんど公にしていないため、どこまで進んでいるのか大まかなことしかわからない。少なくともこの12日間で宝珠を見つけることは困難だったようだが。
「問題は、そこなのだよ、イーハ君。情報が圧倒的に乏しいこの状況で、騎士団上層部がとれる選択肢はほとんどなかったのだ」と、淡々と語るレブナント卿。しかし、この後彼が語った内容は、非常に屈辱的な内容であった。私は最後まで聞き終えた後、知らずシーツの端を強く握り締めていた。
我々が全滅してから数日後、天変地異の対応でゆれる騎士団本部にノーラ盗賊団より接触があったこと。
交渉内容は非公開とされており、一週間以上の交渉期間があったようだ。
結局、彼らに全滅した部隊、つまりは我々を救助することを託したとのことだった。
その対価としてノーラ盗賊団が要求してきたものは「宝珠探索にかかるすべての情報と悪の水晶
「盗人どもがっ!ありえない・・・よく上層部はそんな決断をしましたね?」
「うむ・・・その他にも、探索行が終わったあとのことで密約が交わされたらしい。正直言うとな、私も全容を聞かされておらんのだよ。しかし、すでにこれまでの地図や情報はすべて向こうに渡ってしまっている。あとは、君の持つ最新の情報をまとめあげて相手方に渡すだけだ。そのために文官である私がこうして出張っているのだからね。」
まだ、他の5人は迷宮に取り残されている現実(なぜか第4層で私たちは全滅したらしい)。
ノーラ盗賊団の連中でも、かなりのハイリスクを背負って私一人の遺体を回収に来たこと。
そして、取り巻く環境。一時、私はどうすべきか考えた。
仲間に対する背任行為に当たるのではないだろうか。
騎士典範にはこんなときの対応方法は無論載っていない・・・
しかし、レブナント卿の言うとおり選択肢はほとんどないようだ。それがどんなに屈辱的な内容であろうとも。
5人には、特にコーウェルにはどう説明すべきだろうか。彼はもっとも盗賊団を嫌っているのだ。
そんなことを思いながら、私は全滅した当時の状況を説明し始めたのだった。

******

というわけで、番外編2をお送りいたしました。55日目で全滅したチームG の魔法使いイーハ君をようやく救助できたのがこの67日目の出来事です。次回の本編ではその間をダイジェストで記載したいと思っています。
今後はさらに、もっと慎重に、プレイ予定。
とはいえ情報を遮断しての記憶に頼る攻略のため、内容を良くご存知の見ている方は歯がゆい思いをされていることと思いますが、もうしばらくお付き合いください。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]