忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

騎士団×盗賊団 19 ~それぞれの戦い、そして葛藤~

56~67日目
結局帰ってこなかったチームG(グラディアス騎士団)のメンバーたち。
いかにライバル関係にあるとはいえ、各探索チームとしても消息が気になるところではある。
しかし、上層部の意向、方針が絶対である彼らには命令が出ない限り動くことが出来ない。
せいぜいKANDIでわかる情報(第4層で一人が石化、残りが死亡の状態)をもとに推測することしかできなく、そしてそれは、必然的にチームEにはどうやっても救出は不可能であることを思い知らせることとなったのであった。
沈黙を守るグラディアス騎士団・・・

チームN 
第4層の階段付近のみを、ひたすら歩き回る。
盗賊二人を前衛においているために、とにかく打たれ弱い。
ここは、ある程度実力がつくまでは深部へは足を運べない・・・
事実上、彼らにしかチームGを救うことは出来ないのだから。
時にはブレス攻撃や魔法攻撃で全滅しかけることもあったが、順調に修練の時は過ぎていった。
また、これまでほとんど開けることのできなかった宝箱からも貴重な品々が続々と手に入ってきている。
炎のだんびら、死の杖、戦斧+2、カシナート!!、羊飼いの杖、ミスリルのこて!!
戦力は確実にアップした。また、レベルもそれぞれ上がっており、(ドレインを喰らった者もいるが)そろそろ助けに行ってみるか。
そして66日目、フルメンバーで出撃、チームGが全滅したポイントまで無事たどりつく。
67日目、5人で救助に向かい、まずイーハ(魔)の遺体を回収したのであった。
(前回の番外編2に続く)

チームE
何をするにしても、とにかく資金難の彼ら。3日かかって死亡したメンバーをどうにか全員復活させる。
その後は、ある程度稼ぐまではこれまでどおり第5層にての修練、修行。
そんなある日、まれに脅威の少なそうな宝箱をおそるおそる開けてみた彼らは、ついに「瓶詰めの船」を入手する。やっと、湖をショートカットできる。
レベル的には、半数以上L13に到達。特にセイシェラがMALORを習得したのが大きい。
肝心の探索については一向に進まない。もはや例のダークゾーンしか進むべき道はないように思える。
「聖水」とやらを入手してはいるが、肝心の効果がわからず、鑑定料も赤貧の彼らには馬鹿高いため無用の長物となってしまっている。
「すさまじい突風がパーティを押し戻した!」ここはどうやっても越えられない。
あと数日で全員がL13になりそうなので、そこまでねばってからダークゾーンへ突入することを決断。
そんな折、チームGのイーハが救助され、無事復活を果たしたというニュースが飛び込んできたのであった。

*****

ということで、かなり端折ってアップしました。
ご覧のとおり、探索は一向に進んでおりません。しかし、MALORの習得やショートカットなど、チームE に追い風が吹いています。チームNもまさかのカシナート入手でぐっと宝珠が近づいてきたかも。(でもHP少なすぎるんだよな)
次回の更新時にはチームGが全員そろったところをお見せできるでしょう。

きっと。たぶん。おそらく・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
各チームにドラマがありますねえ。
もしもノベライズするとなると、かなりの大作になりますね。
チーム・ウィッチにも、このくらいのドラマが欲しいものです。
でも全滅は勘弁ですが(笑)。
グレたでーもん 2010/04/08(Thu)21:06:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]