忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔導師トニカクの冒険譚 4

さて、前回で紹介しそびれた残り3人。
シルヴァムント。エルフ侍だ。それなりにエリートらしく、やや高慢ちきな感あり。別行動はとっているが、今のところは私の指示に従っている。しかし・・・なにか信用できん。根拠はない。
エイバス。ノームの僧侶。性善説を本気で信じている男。個人の主義主張は勝手だが、押し付けられるのは困る。アイとは特に仲が悪く、引き離さないと血が流れたかもしれない。
リィタ。人間の魔法使い。つまりは私と同職だ。勝気でよくつっかかってくる。が魔法の才能も理解力もあまりない。なぜ魔法使いなんぞやっているのか本人も首をかしげている。バトルメイジを自称し、頭脳労働は拒否している妙なヤツだ。

そして、迷宮第2層だ。「四つの尖塔3F」と名づけられているように、やはり四つのブロックに分かれている。
危険度も増しており、麻痺毒をもつリビング・デッドやら集団攻撃魔法を放つウィッチがいたり首切り兎が襲ってきたり、とバラエティ豊富だ。
よって、基本方針通り、遠出せずに実力やアイテムがそろうまでは鍛錬に励むこととした。

***修行中***

レベルも上がり、幾つか、スペシャルアイテムとやらも発見。
ブレーズ・スライサー、ホビッツ・ソール、ヴァイパースマッシュ。他2点あるがまだ金が貯まらず、保留中。
なぜかこのレア物はウチの司教では鑑定できないようだ。レベルが足りないだけかもしれないが。

そろそろ、探索を開始すべきだろう。シルヴァムントたちに指示を出し、交互に探索を開始。
まだ少しではあるが、判ったことといえば、このフロアに降りてすぐ、下層への階段があり、行ってみたがすぐ鍵のかかったドアで行き止まりだったこと。そして案内板があり、四つの塔には名前があり、テレポーターや跳ね橋、エレベーターなどの移動手段があることだった。
17262c5e.jpeg西北 太陽の尖塔(参拝の方)
東北 月読の尖塔(現在の塔入り口)
西南 星辰の尖塔(昇降機ご利用)
東南 大地の尖塔(空中庭園)

次回で、このフロアは攻略したいところだが・・・ところどころで、地盤が弱いところがあったのが気になる。もしやトラップでは・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]