忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アスタリスク 22
~絶賛修行中。順調な人とそうでない人と~

最終フロアである地下10階に行き、まずはルビーのメイスで結界を突破できるのか試してみる・・・
しごくあっさりとしたイベントにより、今後は自由に行き来できるようになったらしい。

ちょっと戦ってみたが案の定敵が凄いことになっていたので、未踏の部分だらけの地下7階~9階を修行を兼ねて行ってまいります。

行ってきました。

で、今日までで7階は終わり、8階をあと少し、9階がちょっとだけ、といったところで。


  Le HP St In Pi Vi Ag Lu Rip
パドミニ(Mon) 69 444 30 30 30 30 30 30 30
エイブ(Sam) 54 408 30 29 30 30 30 30 44
ガトー(Ber) 24 417 28 16 23 21 22 19 39
ヂミー(Nin) 43 225 29 29 30 30 30 30 75
ラマ(Sum) 28 212 17 21 25 10 24 24 54
マハミィ(Mag) 55 222 15 30 20 22 28 20 73

エイブ「ガトー、最近調子悪いな」
パドミニ「私が最前衛を勤めることになったけど、もっと頑張ってほしいわね」
ガトー「うー、レベルの所為だけとも思えないんだニャ・・・もっと強くなれるはずニャ」
マハミィ「狂戦士としての戦い方になにかあるのかしらね。」
ラマ「うう、私もどうもイマイチなんですよねぇ」
エイブ「ああ、お前はなぁ、もうしょうがないんじゃないか」
マハミィ「そうねぇ、あなたがどうこうじゃなくて、召喚モンスターが非力すぎるってのが問題よね。」
パドミニ「・・・まるで戦力にならないし」
ラマ「くー、言い返せない。血の盟約でもあれば良かったんですが。」
マハミィ「それはもっと後の時代の別世界で生み出されたスキルでしょ!」
エイブ「そういえばヒンデンの冒険者ギルドで悩み相談とかやってるって、張り紙がしてあったな。行ってみたらどうだ」
ガトー「ラマといっしょっていうのが、何だかニャー」

ヒンデン冒険者ギルドにて。
ギルガムンド「・・・あー、召喚モンスターがね、なるほどなるほど。」
ラマ「それで、なにか対策はあるんでしょうか」
ギルガムンド「5レベル以下のモンスターは、まあ今の相手している魔物からするとはっきり言って使えない。諦めるしかなかろう。」
ラマ「そ、そんな・・・全部じゃないですか!」
ギルガムンド「7レベルの召喚モンスターは確認されていないが、狂宴の魔道最下層までには6レベルの契約魔方陣が3つあるらしい。そこそこは使えるらしいから、がんばって探してみるがいい。」
ラマ「は、はい・・・」
ギルガムンド「はい、次の人。・・・なになに、せっかく狂戦士になったのに活躍できない、か。あれは特殊なクラスだからなぁ」
ガトー「やっぱりレベルを上げるしかニャイのか?」
ギルガムンド「装備武器は・・・フランベルジュか。これが両手持ちできればよかったんだがな。お前、各クラス固有の得意武器は理解しているな?」
ガトー「狂戦士は斧、って聞いたニャ。でも全然当たらニャイから剣にしてるんだニャ。」
ギルガムンド「斧はマイナスの命中補正がかかっているからな。相当レベルをあげんと実用性にとぼしいはずだ」
ガトー「狂戦士技も、微妙すぎるニャ」
ギルガムンド「当然だ。あれはかなり高レベルにならないと使えないものばかりでな。当面は限定解除や仮契約などの自分をパワーアップさせるものを使うと良い。」
ガトー「けっきょくは、どうしょうもニャイのかぁ・・・」

ギルガムンド「・・・やれやれ。やっと終わったか。最近の冒険者はまったく無計画でいかん。ワシが若い頃は・・・」
ヂミー「・・・」
ギルガムンド「うぉォっ!!?なんだ、いつからそこにいたっ!?」
ヂミー「(ニヤリ)あの、二人の、連れでして・・・では。」
ギルガムンド「・・・なんだったんだ、あいつは・・・」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
パドミニとエイブは完成しましたね、あとは武具のドロップなどでもう一化けしてくれれば嬉しいですが。
ガトーとラマはまだ伸び代があるようですし修行で強くなるかな?、得にガトーは最強の前衛職として名誉挽回したいところですね。
そしてここへきてはね上がるマハミィの死亡回数(笑)、容易に激戦が想像できます。
終盤はロングレンジの鬼打撃がズルイですよね~星魚作品は(^_^;)、私も復活の杖で…(略)

というか、ヂミーが誰にも認識されてなくて爆笑(≧∇≦)
視覚的に半透明なんじゃないだろうなコイツ?、忍者としては都合の良いスキルですけどねえ~、人としてどうなの?(笑)
めい 2012/09/11(Tue)07:13:56 編集
天然ステルス装備
「23」でも触れましたが、ガトーあいかわらず苦戦中です!なぜにあの剣が装備できない?(怒)
マハミィは・・・仕方がないですよね。前衛でも2~3発で死んでしまうこともあるので。
ヂミーはおいしすぎます、動かすほうとしても。
結果、プレイ日記では一番目立っているような(苦笑)
うぐい URL 2012/09/12(Wed)22:31:19 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]