忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

騎士団×盗賊団 番外編1
          ~あるドワーフメイジの誓い~

ドワーフ。体格は小柄にして頑強な肉体、不屈の岩のような精神を持つ。
細工や鍛冶の技に秀で、貴金属に対する執着心は強い。
冒険者としては一般的に、その体格を生かし戦士系の職業につくものが多い。

しかし、いつの世にも例外というものは存在するものだ。
このリルガミンの街にて、迷宮探索に挑む複数のパーティのなかでただ一人、適職とはいえない魔法使いとして参加しているドワーフがいた。
彼の名はイキト。戦士の家系に育った彼がなぜドワーフでも珍しい魔法使いの道を選んだのか。
あるとき酒場で、仲間の一人がそう尋ねた。
彼は笑って、「バーサマの遺言だからな」といって、以下のような話を聞かせてくれたのだった。

彼の尊敬する祖母の名はステイア。彼女は若いころに「狂王の試練場」に挑んだことがあるメイジだったのだ。
残念ながら、彼女が試練場に赴いたときはすでに「魔除け探索」も最終盤であった。
彼女らが迷宮に挑んでから10日ほど後、とある熟練のEVIL-PARTYが目的であった「魔除け」を迷宮の主より取り戻したとの事。
その後、迷宮に残っていた魔物も掃討され、彼女はその才をほとんど生かすことなく故郷に戻ったのだという。

イキトは、いわゆる「おばあちゃん子」だったため、いつも当時の話や彼女自身の信条を聞かされて育ってきた。
曰く、今でこそ世界の魔法文明は衰退している。
しかし、かつては魔道王”赤き顎”を始めとしたドワーフの名高い魔法使いの伝説が伝わっているように、けっしてドワーフは魔法と無縁だったわけではない。
ステイアは伝説や伝承などを研究し、かの魔道王がその命と引き換えに世界を救った(異説あり)と結論づけ、強い思いを何十年も暖め続けていたのだ。
「ドワーフは魔法使いには向かない」という世間一般の常識を覆したい、という思いを。

残念ながら周囲の者のほとんどは聞く耳を持たなかった。
イキトを含め、ごく一部のものだけが、彼女の説を支持していた。
そんなステイアが現在、リルガミン近郊(だけではないのだが)に頻発した大地震の犠牲者となり、やがて王宮よりお触れが出たとき、イキトの足はリルガミンへと向かっていたのであった。
かつての友を頼ってなんとかして探索部隊に入り、メイジとして名を上げること。
それが彼の人生の目標になっていたのであった。

*******

イキトの話は続くかもしれませんし、また別のキャラクターの背景となるかもしれませんが、たまにこんな感じで番外編を入れてみます。
ステイアは前作「魔除け争奪戦」キャラですが、活躍の場が全くなかったためイキトのおばあちゃんとして名前を出してみましたが。
「狂王の試練場」と「リルガミンの遺産」との時間設定差は適当です。諸説あるようなので、こんな感じにしてみました。

拍手[0回]

PR
騎士団×盗賊団 10 ~月日は矢の様に過ぎて~

42~45日目

この4日間、各チームとも地味な鍛錬の繰り返し・・・
主だった事件を上げると、

チームN 海賊狩りが実を結び、皮の鎧+1を2つGET!
盗賊2人の貴重な戦力アップだ。また、2階にも足を運んでみたり。

チームG 前回で強制退団させられたゾルディンにかわって平均的な男バルメントが参加。
だいぶ資金に余裕も出来たので、前衛3人に鉄のこてを購入。
はじめて4階に足を踏み入れる。
しかし、一歩目でバンシー×4のお出迎え。無傷で撃退に成功する。
が、次の一歩でまたもやバンシー×4・・・
なんだか、全滅?!を予告されたみたいで気味が悪い。
幸いなことにディスペル2重奏で消え去ってくれたが、縁起が悪すぎる。
との判断で撤退した。

チームE 延々と、5階入り口付近で修行中。
ドゥームビートルの大集団の不意打ち!やら
コモドドラゴンの不意打ち!やらで生きた心地がしない。
全滅だけは免れている。資金はすぐ底をつく・・・

チームG(ガルディアス騎士団)
コーウェル Hu-G-Fig L10 HP66
バルメント Hu-G-Fig L8 HP51
ギィルベン Hu-G-Fig L9 HP51
マシアス Hu-G-Pri L10 HP53
ララナ Hu-G-Pri L10 HP41
イーハ Hu-G-Mag L10 HP28
チームE(イグジス騎士団)
グスタフ Dw-E-Fig L10 HP86
リヴィエ Hu-E-Fig L10 HP93
イーリス Hu-E-Fig L10 HP50
オーゼ Gn-E-Pri L10 HP54
クロード El-E-Mag L10 HP22
セイシェラ Ho-E-Mag L10 HP26
チームN(ノーラ盗賊団)
ギヲン Dw-N-Fig L9 HP72
ダーク Hu-N-Thi L9 HP41
シャドウ Ho-N-Thi L9 HP49
イキト Dw-N-Mag L8 HP20
ウィント El-N-Mag L8 HP20
テルネア Gn-G-Pri L8 HP42
ビジェン Hu-E-Bis L6 HP17
 
チームGの前衛の貧弱さが目立ちます。
が、その他パーティも穴だらけ・・・はたして、宝珠を発見できるのはどのパーティなんでしょうか。

拍手[0回]

騎士団×盗賊団 9 
~ここは立ち入れぬところ、そして妖精さんの恐怖(続)~
 
41日目
チームN 今日もハイコルセア狩りだ。ドワーフとエルフのでこぼこメイジコンビ、イキトとウィントがL8。そろそろ次の階に行きたいが・・・司教(ビジェン)がどこまで力をつけられるか、にかかっているだろう。
 
チームG ゾルディンが、2階において友好的なローニンに切りかかってしまった。そして、属性がEに(泣)。思わずキャンプをはって、呆然としてしまう・・・自分で決めたルールだが、2人目の脱落者を出してしまった。仕方がない、来たばかりだが帰るとするか。
重い腰をあげ、キャンプを解いた。
と、次の瞬間。
 
「ここはなんじらのたちいれぬところ、たちさるがよい!」
(そういや、そんな仕様でしたね)
そんなわけで、騎士になれずにゾルディンは名簿から抹消されてしまったのでした。噂によると、その後彼はL9ファイターとしてMAD OVERLORDの迷宮に潜んでいる・・・かどうかは定かではないが。
本日の修行で、コーウェルL10、ギィルベンL8となる。
 
チームE 今日も危険を承知で5階層目を歩き回る。無論まだ奥には行かない。
最近苦戦するのがクルセイダーロード。 MONTINOを先に決められ、スペルユーザーが無力化されてしまうと、初期装備しかない前衛は大苦戦!
攻撃は当たらないは当たってもダメージ低いは(涙)
そんな中、前に痛い目にあったフェアリー×5ピクシー×5に遭遇。できれば戦いたくはないのだが・・・
案の定、MAHALITO2発でクロードが死亡してしまうがからくも勝利。
帰還し、カント寺院へ担ぎ込むと、その蘇生費用は2,250ゴールド。
足りてよかった。残金740ゴールドは辛いものがあるが。
儀式には成功したが、やはり、苦しくなってきた。戦いも、カネも。
 
それでもグスタフ、リヴィエ、イーリスの3人がL10となった。

拍手[0回]

騎士団×盗賊団 8 ~妖精の恐怖と「これが最後のひとつですよ」~

39~40日目

チームN この2日間は善の僧侶テルネアをつれてハイコルセア狩り。
その結果、ギヲン、ダーク、シャドウL8、テルネアL7となる。
でもまだまだ戦力としては弱い。
期待していた「隠れる」がいまだに思ったほどの戦力になっていないのが原因だ。
まあ、そこを除けば騎士団の連中に見劣りはしないのだが。

チームG 2階にて、包帯でぐるぐる巻きにされたアンデッドからドレインを受けた新入りのギィルベン。
それでも、2階深部を歩き続け、どうにか4階への階段を見つけ出すことに成功。
この日はギィルベンが失われたレベルを取り戻して終わった。
さて、資金もある程度余裕が出てきた。そろそろ戦力アップすることを考えねば。
ボルタックへ乗り込むと、真っ先に目に付いたのが「だんびら+1」
ACをとるか、攻撃力をとるか・・・悩んだあげくに、攻撃力にした。
チームEはM×2のため、全体的な攻撃力は彼らのほうが上だから、このようにしていけばバランス取れるだろう、きっと。
ほぼ全財産である10000ゴールドを支払い、貴重な剣を購入。
「これが最後のひとつですよ」コーウェルが受け取る。
くどいようだが、騎士団に盗賊は不要。
宝箱は基本的にいっさい開けない(開けられない)ため、その装備のほとんどが初期装備のみだ。だんびら+1は本当に貴重なのである・・・
翌日は2階入り口付近で試し切りと資金集めに精を出す。

チームE 今日も5階をのぞきに行く。現れたのはフェアリー。
おぼろげな記憶ではこいつら僧侶魔法使うんだったっけなぁ、なんて思っていたら。
MAHALITO×2をくらって戦意喪失。どうにか勝ったが今日は撤退。ピクシーと間違えたか?!
翌日も懲りずに5階を歩く。
ワータイガー、ドゥームビートル、ネクロマンサー、2ヘッデッドスネークなどなど、お初のモンスターがずらり。
このフロアの敵は、宝箱もないのになぜかアイテムを落としていくことが多いようだ。
街へ戻り、拾った3つのアイテムを鑑定すると、皮の鎧+1、たて-1、鉄のかぶと!
鉄のかぶとはボルタックにも置いていない商品のため、非常に嬉しい。
やはり、無理は承知で5階を歩いたほうが良さそうだ。

チームG(ガルディアス騎士団)
コーウェル Hu-G-Fig L9 HP46
ゾルディン Hu-G-Fig L9 HP52
ギィルベン Hu-G-Fig L7 HP49
マシアス Hu-G-Pri L9 HP52
ララナ Hu-G-Pri L9 HP39
イーハ Hu-G-Mag L9 HP24
チームE(イグジス騎士団)
グスタフ Dw-E-Fig L9 HP85
リヴィエ Hu-E-Fig L9 HP65
イーリス Hu-E-Fig L9 HP49
オーゼ Gn-E-Pri L9 HP53
クロード El-E-Mag L9 HP21
セイシェラ Ho-E-Mag L9 HP22
チームN(ノーラ盗賊団)
ギヲン Dw-N-Fig L8 HP56
ダーク Hu-N-Thi L8 HP40
シャドウ Ho-N-Thi L8 HP48
イキト Dw-N-Mag L7 HP18
ウィント El-N-Mag L7 HP19
テルネア Gn-G-Pri L7 HP41
ビジェン Hu-E-Bis L5 HP16

全体的にもともとの能力値はかなり低いため、成長もあまり良くはない現状です・・・

拍手[0回]

騎士団×盗賊団 7 ~宝箱のありがたさと天竜の恐怖~

36~38日目

チームN 初めて、砦内へと侵入する。
後発組の強みか、あっさりとハイコルセアのもとへとたどり着く。
ゲーム的には、誰もがやるところだろうが今までやらなかった「稼ぎ」を延々と繰り返す。
要するに、上階へ行ってすぐ戻り、そのつど出現するハイコルセアをいたぶり続ける!
ワンランク上の宝箱(の中身)が出るので強化にはもってこいだ。
戦斧+1やらメイス+1やらを入手してほくほくしていたが、やはり盗賊2人がいる弱みか、すぐに体制が崩れる。ダスターやらクロウリングケルプの不意打ちを受けるとすぐ瀕死、重傷。
すぐに逃げ帰らざるを得ない・・・
それでも、ギヲン、ウィント、イキトL7になり、ビジェンがL5となった。

チームG あらためて、2階へ上ってみる。前回は失態をさらしたが、今回は大丈夫だろう。
最初の相手がゴブリン×8、ゴブリン×8、ゴブリン×6・・・この階は本当に大集団が多いようだな。
やっとこさ撃退すると、
不意打ち!ゴブリン×6、ホブゴブリン×5、ゴブリン×9・・・うーん、ついていないというか何というか。
撃退はしたがもう余裕なし。帰還するとコーウェルがL9になる。
37日目は更に奥に進めたが、東10北0においてLOMILWAが突如かき消されてしまった。
む、こんなトラップあったろうか。DUMAPICも少なくどうにも迷いそうだったので、この日はここまで。
ギィルベンL7、マシアスがL9となった。
その翌日は遠出をしないで2階入り口付近で鍛錬に励む。
ゾルディン、イーハ、ララナL9となった。DUMAPICの回数が増えたことも嬉しいがやはりMAKANITOを習得したことが大きい。次回は2階深部へでもいけそうだ。

チームE 前回でオーザがDIALMAを習得したため、航続距離が伸びた。チームGはDUMAPICやMAHALITOの回数に不安があるが、こちらは回復魔法がやはり貧弱なため、気を使わねばならない。なんせ宝箱はオール無視だから、装備はこれ以上劇的には良くならないんだよな・・・
とぼやきつつ、魔法使いのレベルをあげるために3回でひたすら敵を打ち倒す。
その結果、メイジ二人はL9となった。
だがしかし。
エルフメイジであるクロードは能力値がこれまでさっぱり伸びず、ホビットメイジのセイシェラは逆に伸びまくって相当差がついている。L9でMAMORLISだけってのはどうよ、クロード君。
とにもかくにも、翌日5階へと足を伸ばす一行。一戦して帰る予定だったが。
ティエンルン×3の不意打ち!!
3WAYのブレスが一行を襲う。(慈悲の不在じゃなくてよかった)
イーリス、クロード、セイシェラの3人が倒れる。こりゃダメだ。逃げる!逃げ切った!
と思ったのもつかのま、3階でローニン×7の2グループによる不意打ち!!!!
ひぃーっ!となさけない悲鳴が漏れてしまったが、無事に撃退成功。
なんとか城へ戻ることができた。やれやれ。
蘇生費用もぎりぎりまかなえた。計6750ゴールドなり。
翌38日目は3階で資金稼ぎにて終了。

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]