忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金剛石の騎士たち 62

~九十四日目の夜、ギルガメッシュの酒場にて~

ガッサム「うーん、だからここの扉で3つめの玄室だろ?」
ゾディ「だからよ、北周りのほうが・・・こっちに、こう抜けるんじゃねーか」
B・スペイサー「そこ繋がってないんじゃ?うむむむ、魔法がしっかり働いて正確な地図が早く書ければ」
コーネリア「しかし、あれですな。ほとんど毎回死者が出てませんか、最近」
マルタボー「確かにな、効率が悪すぎる。こんな凶悪なところは早く終わらせたいぜ」
地図を見ながら晩酌をとっていたチームEのテーブルに、通りすがった1人のドワーフ・・・
そう、チームNのエルアキだった。
シン・シロ「これはエルアキさん。我が神の教えを聞きたいのですかな?歓迎ですぞぉ」
エルアキ「・・・その地図・・・」
マルタボー「?なんだ、なにかあるのか」
エルアキ「だいぶ苦戦してるようだがな・・・この地図、俺達が見つけたドアは描かれてないな」
コーネリア「どこです?どこです?」
エルアキ「確かそこに一階の亡霊がいたな・・・うーむむ、2週間以上前のことだからなぁ、よくは覚えていないな」
ガッサム「もったいぶるなよな、早く教えてくれよ」
エルアキ「むぅ、金の重さを教えてくれたら思い出せるかもしれんな」
マルタボー「ちっ、・・・これを持っていけ。俺が自由にできる分全部だ」
B・スペイサー「ちょちょちょっと!き、気前良すぎじゃあないですかあ」
エルアキ「ふん、俺の目的はシンプルだからな。だが悪い買い物じゃないと思うぞ」
そういって指差したのは、地下6階に下りてすぐの、ただの壁があるポイントだった。
ゾディ「待てよ!ここに扉なんかあったか?」
エルアキ「あったんだな、それが。おまけにもう一つ。例の亡霊な、『1人で来い』とよ。俺達はそこまでで地上へ飛ばされたんだ」
コーネリア「それ本当の話なんですか。大体・・・」
さえぎるマルタボー。
「もういい。こいつの話は信用できる」
話はそれまで、とエルアキは重そうに袋を持って立ち去っていった。
そして翌朝。
1人、マルタボーは「ダイヤモンドの騎士」として地下へ降りていったのだった。

九十五日目

マルタボー、KOD'Sの完全装備を身にまとい、マスターキーと転移の兜を持って出発。
ダイヤモンドの騎士の一人旅・・・

地下一階。
地下二階。
地下三階。
地下四階。
まったく、苦もなく踏破。
地下五階、若干遠かったが、たいした抵抗にあうでもなく下への階段へとたどり着く。

そして、地下六階。
教えられたポイントへやってきたマルタボー。
「確かに。扉があったな・・・」

光に包まれるマルタボー、そして亡霊の声が響く。
”伝説の騎士の武具をこうしてここに揃えることでそなたは自ら、勇気と知恵と真の心があることを証立てた”
”我はそなたの揃えたこの武具、伝説の騎士の装束を我が手に取り戻す。そのかわりに、そなたにはこの宝を授けよう”
”見よ!これぞ、ニルダの杖なり!”


そして、ダイヤモンドの騎士、マルタボーの名は伝説となった・・・

金剛石の騎士たち  完


       

拍手[0回]

PR
金剛石の騎士たち 61

八十九~九十四日目

夏季集中強化週間?!につき、一気に6日分。

チームG
最大の事件は、忍者ラハがバンパイアバットに1レベルドレインを受けたこと!
滅多にやらないのだが、恐ろしいぐらいHPが下がってしまったため(31→19)焦って戦闘中のMALOR。
だが唱えた瞬間思い出した。
ここは岩だらけの地下5階だ!
・・・結果、石の中の転移はされなかったものの・・・軽率なMALORは絶対にいかん、とあらためて思いました。
ただ、帰還してレベルアップしなおしたら元が31のHPが48に上がっていた!僥倖。

チームN
新人をひたすら地下4階にて鍛える。
この6日間で多少はレベルアップしたが、装備も含めて良い物が出ない。
回復がアドア1人しかいないのが響いており、よくブレス持ちに先制攻撃されるのが厳しい。
死なないまでも、すぐに回復魔法切れをおこす。
フィラールが思ったように成長してくれないのがキツイか。

チームE
少しづつ、少しづつではあるが最下層の地図が埋まってきた。
相変わらず、全滅と紙一重の戦いが続く。
しかし、おおまかに対策と傾向らしいものは見えてきたか?
まずは不意打ちとグレーター率いる魔法抵抗の高いグループには気をつける、と。
そんなこんなで突き進んで九十三日目。
北東の部屋にて。

その部屋は血なまぐさい臭いに満ちていた。
壁の下のほうに、血で書いたような文字が見える。
”杖を持ち帰りし勇士に、後を託す”
マルタボー「・・・これは、まさか??」
シン・シロ「まさかもなにも、王子のダイイングメッセージじゃないでしょうか」
ガッサム「そうか、犯人は、ヤスか!」
ゾディ「またそんな古いネタを・・・若い奴らは知らんぞ」
B・スペイサー「(無視して)で、でも文章の内容気になりませんか」
コーネリア「あー、あなたも気になりましたか。」
ガッサム「なんだよー、なんなんだよー二人して」
B「ふ、深読みするとキリないんですけどねぇーこういうの。
1 杖を持ち帰った後のリルガミンの平和を託すって意味
2 杖を持ち帰った後にまだ大きな難関があるって意味
とりあえず、この二つのうちどっちでしょうか??!」
マルタボー「知るか。そのとき考えればいい」
シン・シロ「考えることを放棄しちゃダメですよ、騎士殿。先々代の戦闘狂のダイヤモンドの騎士になりさがってしまいますよ、そんなんだと。」
マルタボー「む、そういやそんなことを寺院の連中が言ってたか」
ゾディ「あれって実話だったんだな・・・最後にはどこぞの竜だらけの迷宮に棲みついて殺されたとかって話だったな」
マルタボー「うるさいわい。・・・まぁ少しは考えるわ。でもなぁ、まだ情報が足りんから判断なんかできんぞ」
シン・シロ「それでいいのです。常に疑問を持ち、考え続けることが大事なんですから」

チームG
オリノコ L16 El-G-Lor AC-4 HP106
ギゼ L14 Hu-G-Fig AC-3 HP121
リヴァ L15 Gn-G-Pri AC-1 HP68
フォールズ L15 Ho-N-Thi AC2 HP50
ドワコ L13 Dw-G-Bis AC4 HP87
ラハ:ギィアル L13 Hu-G-Nin AC-3 HP48








チームN
エルアキ L14 Dw-N-Fig AC-3 HP152
フィラール L11 Hu-N-Fig AC-3 HP65
ステイア L13 Dw-N-Sam AC-4 HP108
ロータス L11 Hob-N-Thi AC2 HP51
アドア L13 Elf-G-Bis AC10 HP82
カケル L14 Hum-N-Mag AC10 HP34








チームE
マルタボー L16 Dw-E-Fig AC-18 HP165
ゾディ L15 Hum-E-Fig AC-6 HP135
シン・シロ L17 Ho-E-Pri AC-3 HP79
ガッサム L18 Gn-E-Thi AC-2 HP81
コーネリア L12 Gn-E-Bis AC3 HP66
B・スペイサー L18 Hu-E-Mag AC9 HP98










拍手[0回]

思い返すと、すでに連載1年が経過・・・我ながら、ちょっと長すぎるなと思いつつ、8月最初の更新一発目。

金剛石の騎士たち 60

八十八日目

チームG
地下5階にてひたすら修練。
ギゼがL13、炎の杖をGET。

チームN
新人2人加入。詳細は後ほど。
地下2階の強行軍でL7まで。
失っていた装備も安物でとりあえずそろえて当面はしのぐ。

チームE
地下6階、いまだ様子見。
ブロッブや甲殻類=かになど、比較的与しやすい連中が多かった。
と油断していた矢先!!
毒巨人4匹の不意打ちを受け、マルタボーを除く5人はブレスで即死。
どうにか逃げ出す。
帰還後の蘇生は全員成功。やれやれ・・・

そして、現状。

チームG
オリノコ L16 El-G-Lor AC-4 HP106
ギゼ L13 Hu-G-Fig AC-3 HP119
リヴァ L14 Gn-G-Pri AC-1 HP64
フォールズ L14 Ho-N-Thi AC4 HP49
ドワコ L12 Dw-G-Bis AC6 HP78
ラハ:ギィアル L13 Hu-G-Nin AC-3 HP31








チームN
エルアキ L14 Dw-N-Fig AC-3 HP152
フィラール L7 Hu-N-Fig AC-2 HP40
ステイア L12 Dw-N-Sam AC-4 HP107
ロータス L7 Hob-N-Thi AC6 HP27
アドア L12 Elf-G-Bis AC10 HP81
カケル L14 Hum-N-Mag AC10 HP34








チームE
マルタボー L15 Dw-E-Fig AC-18 HP156
ゾディ L13 Hum-E-Fig AC-5 HP114
シン・シロ L16 Ho-E-Pri AC-3 HP72
ガッサム L17 Gn-E-Thi AC-2 HP59
コーネリア L10 Gn-E-Bis AC3 HP64
B・スペイサー L17 Hu-E-Mag AC9 HP92




















拍手[0回]

金剛石の騎士たち 59

八十六日目

チームE
マルタボー「今日からは騎士様、と呼べよっ」
伝説のダイヤモンドの騎士となったマルタボー。
昨日の戦いで充分以上にその力を確認したドワーフは、まさに今、名実ともに最強の戦士となった。
しかし、まだ任務は終わってはいない。
ニルダの杖を、取り戻すまでは・・・
だが今日は、先に優先事項としてチームGより正式に依頼された件を片付ける。
マルタボー「頼まれんでもやってやるわい。俺は伝説の英雄様だぜ?」
ガッサムとコーネリアを残しマルタボーたち4人はチームNの救出のため迷宮に赴いた。

・・・地下6階、初戦。狙い通り、この戦闘を乗り切れば一挙に2人助けることができる。
2ジャイアント(不確定)、6キャリアーの不意をつくことが出来た!
そして唸る魔法の小手!きらめくハースニール!
戦闘は一方的に収束した、はずだったが。
シン・シロ「で、なんでこの方は倒れているんですかねぇ?」
ゾディ「やっぱ、例の魔人の呪いなんじゃねーのか?!」
B・スペイサー「ややや、これは・・・騎士殿は麻痺っているようで」
全員「まさかさっきのキャリアーか!」
無様に地面に転がる金剛石の騎士は、身動きも出来ず仲間の苦笑を聞いていた・・・

無事に地上へと戻ったチームEの面々は、エルアキとアドアを無事に回収したこと、そしてKOD'Sが麻痺攻撃は防ぐことが出来ないらしいことを報告したのだった。

八十七日目

チームE

気を取り直して、救出行二日目。
全滅ポイントまではまたも運良く敵に出くわさず。
そしてむかえた相手はエアージャイアント×4!
KOD'Sがあっても楽観出来ない強敵だが・・・それでもやはりマルタボーは強かった!
死者を出さず、撃退に成功!
ステイア、カケルの二人の遺体を無事に回収することができたのだった。
即撤収。

マルタボー「これが俺様の本当の実力よって・・・誰か聞けよ!」

B・スペイサーがレベル17になった。

チームNの4人は全員蘇生に成功。
だが貴重なメンバー2人を永遠に失い、キーアイテムを除く大半の装備も失った。
チームGはこの二日間、事の成り行きをただ、見守っていた。

拍手[0回]

金剛石の騎士たち 58

<ついに始動、KNIGHT OF DIAMONDS>

八十五日目 早朝
マルタボー「くそっ!忌々しい・・・」
ドワコ「そう毒づかないでよ。儀式とかなんとか言ってたけど、半日で終わるんでしょ?」
オリノコ「そうだ、重要な役回りだからな。対外的なこともあるだろうし、こういったセレモニーというのは外せないものなのだ。お前には理解できないかもしれないがな」
シン・シロ「なんだか上から目線ですねぇ。それより先見とかいって全滅しないでくださいよ?」
ガッサム「そうそう、エルアキたちの場所確認だけでいいんだからな」
ラハ「わかってるわよ。午前中だけで終わらせて、あとはそっちに任せるわ」
ゾディ「しっかし俺達がここまであからさまに共闘できるとはな」
ギゼ「そうだな・・・でも、一刻を争う場面だろ、これは」
B・スペイサー「決して無茶しないでくださいよ、私だって救助はできるかぎりしたくないんですからねー」

チームG
必要性はともかく、KOD'Sを授けるとかの名目でマルタボーたちチームEは儀式、式典のために午前中は身動きがとれない。
まずは一戦だけでも、地下6階の空気を探ってくること。
話し合いの末、落ち着いた結論がこれだ。
MALORを使い地下5階へ飛び、実体化する。
そして、地下6階へ歩みを進めるチームG。
フォールズ「とりあえず、KANDIの情報信じるんだよね?東、東っと」
扉を3枚、抜けたところでエンカウント!
ゴーレム×3。(2ターン目でアイアンゴーレムと判明)
不意打ちされていたら全滅コースだった。
が、死者なく撃退することに成功!オリノコのカシナートが絶好調だ。
そして、チームNの遺体を発見。やはり4人しかいなかった。
ぐずぐずせずに、ポイントのみ確認して撤収。
まだ余力あり、地下5階で数戦してから帰還した。
今回持ち帰ったアイテムの中に、2つの見慣れないアイテムがあった。
「変化の指輪」「悪魔の胸当て」
順番で行くとオリノコが変化の指輪のSPを解放する順番だった。
ラハ「私みたいに忍者・・・はないよね?」
フォールズ「なにが変化するのかなあ?女になるとか?」
ギゼ「そりゃとりかへばやだろっ!作品が違う!」
オリノコ「しかし名前だけでは本当になんだかわからないが・・・みんな、離れていてくれ」
??!?
ドワコ「なにか・・・ちょっと光ったかしら」
フォールズ「やっぱ見た目変わんないなぁ。がっかり」
リヴァ「なにががっかりなんだか。どうだ?オリノコ」
オリノコ「うーん・・・ロード、になったのか?私は。僧侶魔法は使えないようだが」
全員「君主!!!?」

チームE
不慣れな儀式やら式典やらをどうにかこなし、名実ともに認められたダイヤモンドの騎士がここに、誕生した。
ドワーフの一流の戦士として数々の実績を上げたマルタボー。
不運にも散ったアラヴィク王子の遺志を継ぎ、『ニルダの杖』の奪還を目指す。
が。
B・スペイサー「しししっかしー見事に忘れてましたね、杖のこと」
ガッサム「あ、お前もか!KOD'Sのことばかりおっかけてたからな」
コーネリア「私まだ日が浅いんで、その辺のこともうちょっと教えてくださいよ」
シン・シロ「(メモ見ながら)えーっと、地下一階に巨大な亡霊がいてですね、KOD'Sそろえて持ってきたら杖を返すよとかそんな話しだそうです」
ゾディ「またそんなぞんざいな説明しやがって」
シン・シロ「これ、すあま姐さんがまとめたメモですし・・・」
マルタボー「俺もすっかり忘れていたが、じゃあKOD'Sそろったから例の亡霊のところに行くか?」
コーネリア「そうしましょう。チームGもまだ帰ってきてないようですし」
地下一階、中心部。
マルタボー「なにも、おきねぇな・・・」
ガッサム「いつもの台詞だったな。お前KOD'Sに見放されてんじゃねーの?」
B・スペイサー「ちょちょっと、物騒な発言はよしてください(泣)」
シン・シロ「亡霊の言っていた7つの門、てのが引っかかりますねぇ」

とりあえず試し切りの意味を込めて地下5階を数戦。
うん、まるでこれまでと違う。TILTOWAIT制限なく連射できるのは凄まじい。
あとはコーネリアが順調に育ってくれれば。
今日はここまで。コーネリアがL10となり、復活の杖、転移の兜を入手。

翌日、チームNの救助隊が正式に組まれることになる。
しかし・・・

次回「ダイヤモンドの騎士の弱点」

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]