忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔導師トニカクの冒険譚 26

今回もネタバレ必至である為、読む者は注意が必要だ。
WIZ-FOのユーザーシナリオ、「#-1」の実験的プレイ日記。

といった前振りは一体誰のためにあるのか?などと思いつつ、トニカクである。
今日は先に結論から行こう。この数ヶ月(本気で3ヶ月!)苦戦した「行政区」、ようやく攻略することが出来た・・・
いやぁ、本当に良かった、良かった。

敵が強かったこともあるし、第2パーティを鍛えていたこともあるのだが、最大の要因はスイッチを切り替えることでダークゾーンと通常時の2パターンの迷宮をさ迷わねばならなかったことか。
そしてあんなところにスイッチ、そしてワープゾーン・・・途中でトリックに気が付いたからいいようなものの、なかなかの仕掛けだったな、うん。

行政区を探索していると、断片的ながらも過去にここで起こった事件が見えてきた・・・気がする。
まだ憶測ではあるが、魔物を滅ぼしたはずの人類は人工的に生命の樹を再現させ、人工の神を作ろうとしたのではないのか?

あるところでは亡霊がぶつぶつ同じ事を何度も繰り返していたので、気になった私はそれをメモしておくことにした。

「十の神性
 王冠 知恵
 理解 慈悲
 峻厳 美
 永遠 威厳
 基礎 王国
 おや ひとつ足りない 足りないぞ
 うーん なんだったかのお
 どこかに隠された”知識”の扉が」

ま、何の役にもたたないかもしれんが。
そんなこんなで探索を進め、面倒な仕掛けをクリアして、ついに我々はこれまでこのフロアで散々悩まされてきた亡霊の本体と対峙することになったのだ。
この戦いも苛烈を極めた。しかし、死者を出すことなくこのおぞましい亡霊の本体、すなわち*ネイムレス・ワン*勝つことはできたのだ。
3人が石化し、エナジードレインを一発ゴーンが受けてしまったようだが、勝てばよいのだ。

その光る目玉が眼窩からはずれ、ころころと床を転がった。
私はそっと目玉を拾い上げた。それは不気味ではあったがまるで水晶をけずりだしてできているような見事な造形であった。恐らくこれがあればあの開かずの扉も開くことだろう。

戻りかけた矢先、部屋中に不気味な叫び声が響き渡った。
驚いて目をやると、女の化け物の肉体から霊体が分離し
狂ったような叫び声を上げながら四方の壁に吸い込まれていったのだ。
あの名もなき霊体は、狂ったまま永遠にここを彷徨うのだろうか?

いよいよ、この謎に満ちた探索も終盤を迎えようとしているらしい・・・

 

拍手[0回]

PR
魔導師トニカクの冒険譚 25

でかした!
ようやくにして、全滅した我がパーティを第2パーティが救助することに成功したのだ。
約一ヶ月、か。
まあ、誰一人欠けることなく復活にも成功できたことだし、想定以上に時間がかかったことについてはとがめないでおいてやろう。私は心が広いのだ、うむ。

一般的には全滅したパーティを救う場合第2パーティの方が強くなってしまう不文律があるようだが、今回はそおんなことはなかった。とはいえ、レベル的には僅差であったのには驚きだ。
よくここまで鍛え上げたものだ。

とりあえず、今日はゆっくり休まさせてもらおう。
明日こそは謎に満ちた行政区を攻略したいものだ。

拍手[0回]

魔導師トニカクの冒険譚 24

おはよう、諸君。死んでしまったトニカクである。
今は不覚にも死んでしまっているがそこはそれ。
魂の状態でこの世に縛り付けられているんだと思ってもらえば結構だ。

全滅してからだいぶ経つので、そこまでの経過は端折るが、まだ救助隊は来ない。
やれやれ、シルヴァムントの奴まだてこずっておるのか・・・
別働隊という名目で私と意見のあわない奴らを固めておいたが、こうなった以上は奴らにしか望みはないわけだ。何しろこの世界にはまともな人間は存在しないのだから。
我々だってもともとはわけのわからんヤカンに・・・ま、まあ今はそれは良いか。

どれ、ちょっと地上の様子でも見てくるか。

むぅうううぅ、何をしておるのだ。盗賊をロストさせおったか!これで2人目だぞ、やはり奴に仮とはいえリーダーを任せるべきではなかったか。
しかし、代替としていれたのが人間の盗賊か・・・ホビットと比べるとどうしてもスペックは落ちるが、やむをえん。それと以前喪失したリィタの代わりのミディオはどうにか魔法使いをマスターまで勤め上げてから司教へ転職か。しかし呪文の習得が極端に悪い奴だ。司教へ転職してだいぶたつのにまだ瞬間移動を覚えぬのか。どうりで救助が来ないわけだ。

どうせ魂だけだからな。どこぞのオンラインのようにペナルティがあるわけでもない。
とにかく待つことしかできないようだ。
レイスやスペクターになるまえに来てほしいものだが。

拍手[0回]

少しづつ、少しづつ進めていたWiz-FOのユーザーシナリオ「#-1」ですが。

ここにきて遂に全滅してしまいました!ぐぼぉっ・・・

しかもかなりの迷宮の奥で、救出はかなりの困難を極めそうです。
一応、2ndパーティ育てていたのですがまだまだマロールには程遠いしなあ。

なお、原因は古典的なチェストトラップ。「虹のきらめき」にやられてしまいました。

そういや、慣れない一人称で書いていたからプレイ日記も体裁を変えないといけないか。
あ、タイトルもか。

拍手[0回]

魔導師トニカクの冒険譚 23

ずいぶん久しぶりだ。
む、誰か、だと?
偉大なる魔導師トニカクとは、つまり、私のことだ。
なに、知らぬとゆうのか・・・どこのド素人だ、お前は。
そんな奴は少々見づらいだろうが右のカテゴリーから「#-1(マイナスワン)」を選び、これまでの私の戦果をしっかりと確認してくるのだな。

さて、しばらく激戦が続いていたので休んでいた間、別働隊であるシルヴァムントたち第2パーティが修行に励んでおったようだが、今日はまだ帰ってきていない。
いったいどこまで行っているのやら・・・

と思っていたら、我が部隊の盗賊が息を切らしてかけこんできた。
なんだ、騒々しい。本当に驚くべき知らせなんぞ、そうそうないものだぞ・・・
むう、そうか、奴ら全滅しおったか。
おそらく我々も手こずった「あれ」だろうか。
だから奥には行くなと忠告したのだが、やむをえん。救助するか。

********

なんということか。まさか一名喪失者を出してしまうとは・・・
第2パーティのメイジ、赤髪のリィタがロストしてしまった。
このダメージは大きい。もう少しでマスターを名乗れるところまで習熟していたというのに、彼女のかえはきかんのだぞ。
別働隊のリーダーであるエルフ侍シルヴァムントに質したが、やはり相手はウィル・オ・ウィスプだった。
次々と石化攻撃を繰り出され、また後列への放電攻撃にさらされあっというまに壊滅してしまったらしい。
力なくぼそぼそと語るエルフの顔を、衝動のままに張り飛ばし、私は席を立った。
これ以上の犠牲は、出すわけにはいかない。

幸いなことに、この不可思議な城塞都市においてまだ冒険者登録をしておらずメイジとしての素養がいるものがいた。女ノームのミディオ、か。
シルヴァムントに新米メイジの扱いを任せ、私は自分のパーティのことをあらためて考える。
エルフの戦士ヴォーク。最初から非力だったが今も変わらず。
ドワーフ戦士ゴーン。壁。それ以外に何がある?
人間の僧侶アイ。前衛の要。頼むから誰でも彼でもなぐるな。
ホビットの盗賊アーシー。少しは黙って言うことを聞け。
エルフの司教シルメルフェム。お前だけだ、私に従順なのは。
人間の「大」魔導師トニカク。私だ。
・・・すでに全員がマスタークラスを越えているにもかかわらず苦戦が続いている現状だ。
喪失者が出てしまったことを含めても、一刻も早くこの迷宮の、この世界の謎を解き明かさなねば。

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]