忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔導師トニカクの冒険譚 12

さて、先日は衝撃の事実?!が判明したわけだが、今日は。
エナジープラントの充電を考えないとならぬ。
これまでのことから推測するに、太陽の塔の最上階にあった祭壇ではないか。

勇んでいってみたものの、特に何も起こらず。
そんな馬鹿な。読みが外れた。

あと未探索のところはあっただろうか。
太陽の尖塔一階の入り口には「*光の導きにより道を開かん*」というプレート。やはり中には入れなかった。

うーむわからん。

とりあえずその謎は置いておいて、全滅した連中を救出することにした。
途中、ほとんど危ない目にあうこともなく全員の遺体を引き上げることに成功した。
運が良かったのだろう、全員一回で蘇生も成功した。

さて、攻略は今の新パーティのままとりあえず進めることにした。
尖塔の2階で見かけた、施錠されたドアを思い出した。
確か丸いものをはめるような跡があったような。
行ってみると、ずばり以前発見した「太陽のプレート」がぴったりとはまり、ドアは開いた。中はダークゾーンか。
手探りで進んでいくと・・・
テラスにたどり着いた。黄金で飾られた祭壇には、強い光を放つ杖が捧げられていた。
手にとって見たが、私ではよくわからない。シルメルフェムによれば「守護神の杖」だそうだが、武器ではないようだ。

赤のエナジープラントを置くサテライトチャージャーはいったいどこにあるのか・・・
もう一度丹念に探していくと、あったあった、灯台下暗し。
廃虚入り口付近の謎の台座がそれだったわけだ。
そっと窪みにはめると、空からの光が放射され、程なくエネルギーは充填されたようだ。

「青のエナジープラント」を入手。しかしこれ、放電していてヒーリング-1。
げげ、あまり長くは持てんぞ!
最短距離で塔の基部のエレベータルームへ急ぎ、エナジープラントを所定の位置へ入れると、これでようやくエレベーターが起動した。
廃虚・・・入り口近くへのショートカットだった。
四つの尖塔三階・・・特に何もなし
四つの尖塔二階・・・おお、未探索の場所だ。が、何もなかった。
けっきょく、各階へショートカットができること以外は進展がなかった。

ところで、私の呪文で召喚したグレーターデーモンが恐ろしい。
最高位の攻撃魔法をドンドン放ち、敵を蹴散らすのは良いが、こいつが敵に回ったらと思うとあまりぞっとしない話しではある。

今日はここまでとしよう。

拍手[0回]

PR

(ネタバレ必至の、WIZプレイ日記なんですよ、これ)

魔導師トニカクの冒険譚 11

太陽の尖塔の基部まで降りて、また上に上がっていく。
二階は先日体験したとおり、ダークゾーン。だが一本道だった。
そしてさらに上階への縄梯子。
ところが上がってみるとまたもやあたり一面のダークゾーン!
うろうろしていたらまたも上階への縄梯子。
上ってみると、鏡の広間、というところに出た。
地図上では、太陽の尖塔の頂上。そう、この迷宮(廃虚)の第一層にあたる部分だ。そういえば入れない区画があったな。
ここでは壁が半透明の鏡面となっているらしい。壁伝いに歩くしかあるまい。

あちこちぶつかりながらもしばらく歩くと黄金に飾られた祭壇に出た。円形の穴がぽっかりと開いている・・・
だが、特に何も起こらない。先日手に入れた「太陽のプレート」がキーになるかと試行錯誤したものの、結局何もおきなかったのでいったん戻ることにした。

しかし。
ということは、だ。残るはシルヴァムントたちが全滅したと思われるエレベータールームしか行く場所がないのではないだろうか。今の我々の戦力で、そこを突破できるのか?

よし、下準備は・・・たぶん万全だ。少なくともシルヴァムントたちのパーティーと比べれば、現在の我々のほうが総合力は上のはず。(平均レベルは1~2は上)
いざ、エレベータールームへ。すぐ前にはエレベーターがあるが動かない。すぐ左手にドア。
もうそのドアしか行く場所がないので、覚悟を決めて殴りこむ。

中には・・・(思いっきりネタバレあり)

拍手[0回]

魔導師トニカクの冒険譚 10

全員がL9以上になったところで、おもむろに尖塔の基部へ。(私はL10だが)
大地の尖塔の上階へ登る縄梯子があり、上がってみた。
もちろん未探索の地域だ。
2階は一本道で奥は行き止まりだったが、案の定隠し扉を発見した。
泉らしいものを見つけたものの、そこには得体の知れぬ巨木があった。
あっけにとられていると、囁き声が。伸びた根と蔦に絡めとられた甲冑を着た男が部屋の隅にいた。
「彼を倒してくれ」などと言っている。
そして「ミズハワタサヌ」といった主旨の叫び声をあげて、その巨木は襲い掛かってきた。
*マン・プラント*
クリーピングバイン×6
ストラングラー・バイン×4
なかなかに強敵だったが、私が召喚したガーゴイルと私自身の攻撃魔法によって犠牲者なしに倒すことが出来た。蔦はサフォケーションで塵と化し、ギガエナジーボルトでとどめ、だ。

さきほどの男との会話・・・アーメットの下は見せてくれなかった。すでに人の顔ではないそうだ。さきほどのマンプラントも、もとは上層の集落の人間だったようだ。泉が枯れた原因を探るために地下に潜ったのだそうだが。
彼も我々と同じく、ヤカンに会うのが目的のようだ。単独行動したいそうなので再会を約し、別れた。

他にその部屋には、複数の大きな歯車が組み合わさった機械。
どうやら泉の水を上層にくみ上げる仕組みのようだった。絡みついた根を払うとまた動き出したようだ。これで当面上層の村は大丈夫だろう。
また、焼け焦げた根の中に何かを見つけた。
シルメルフェムに識別させたら「太陽のプレート」だそうだが・・・どこで使うのだ?

どうやら、大地の塔2階でできることはこれが全てのようだ。
一度撤収することにした。

ちょっと寄り道して、太陽の塔2階へ昇ってみたが、延々と続くダークゾーンだった。ウィザードアイが乏しかったので、ここは後日に回すとするか。

拍手[0回]

魔導師トニカクの冒険譚 9

昨日、帰ってこなかった6人はやはり全滅したようだ。
アイのロケートパーソンによれば、四つの尖塔一階の南西部にいるとのこと。
おそらくは・・・エレベーターの基部。
なにか強力なやつが潜んでいるというのか。

考えあぐねていると、シルメルフェムが驚くべき情報を持ってきた。
これまで我々9人しかいなかったこの不思議な街に、あらたに3人の記憶喪失者が歩いていたのを発見したというのだ。
状況は、我々がこの街に来たときと全く同じだった。
誰もここに来るまでのことを覚えていない。
そして、どうやら冒険者であったらしいということ。
ちょうど欠けたメンバーとクラスも被っているらしい。

なにかが、「仕組まれている」、としか思えない。

戦慄を覚えながらも、彼らと面談し、何点か話し合った上で協力させることにした。
どのみち、選択肢はないのだ・・・

新メンバー
バルザ。人間の戦士。端正な顔立ちだが、能力は平々凡々。口数も少なく、当面指示には従ってくれそうだ。
ルーブはドワーフの女戦士。ゴーンと同じかそれ以上に体格に恵まれているようだ。強靭な身体は性格にも影響しているのか、終始がみがみうるさい。
アーシー、ホビットの盗賊。ピムと似たり寄ったりだ。種族の特性なんだろうが、好奇心が強すぎる。トラブルをおこさねばよいが。

こうして、また6人パーティになった我々はこれまで以上に慎重に探索を重ねていった。
少なくとも、全滅した彼らが平均レベル9から10だったことをふまえると、当然それ以上のレベルがないとならない。
ただひたすら、迷宮に潜り、戦い、無人の街に疲れきって帰還する。

そしてどうにか、目標であるL9に新規メンバーがたどり着いたころには何日立ったのかもよくわからなくなっていた。
明日はいよいよ最下層、四つの尖塔の基部へ向かうことにする。

拍手[0回]

魔導師トニカクの冒険譚 8

シルヴァムントたちと交代して、その日の夜。
帰ってきた連中に首尾を確認すると・・・燦々たる状況だったようだ。

まず太陽の尖塔の基部(元の一階)へむかったようだが、黄金色に輝く封印された扉に阻まれ内部には入れなかったという。また、元の二階へあがる縄梯子も見つけたそうだがそこは後回しにしたとのこと。

続いて星辰の尖塔の基部。
この内部において、強敵ザ・ワイトに遭遇してしまったのだという。
たちどころにヴォーク、シルヴァムントが石化され、ピムも麻痺、必死に逃げてきたんだとか。
石化か・・・まだ回復方法がないからな、やむをえまい。

次の日、回復したシルヴァムントたちは、私の制止も聞かず再び星辰の尖塔へ向かった。
昨日は油断したが、今日こそは成果を上げてみせるなどと息巻きながら・・・
どうやら、逃げてくる最中、エレベーターの管理室か何かの入り口を見つけたらしい。
私は、これまでの情報をまとめあげるのにてこずっていたこともあって、強く彼らを止めなかった。

そして、彼らは帰ってこなかった。何があったというのだろうか?
7a048119.JPG

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]