忍者ブログ
SINCE 2009.6 メイン:ウィザードリィを中心とするダンジョンRPGの妄想プレイ日記が主でございます。 サブ:その他もろもろを書き連ねています。ジョジョとか音楽とか。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緋蓮城哀歌 58

29日目-1

幻術の塔を進撃中、第三チーム。
と、その前に、昨日のアイテム鑑定をば。数日前に入手して鑑定してなかったものも含めて。
あくりょうのつぼ、ちょうちん、火炎の杖、バスキン、にせのマント、めくらましの巻物、鉄の小手・・・
鑑定屋には鉄の小手を取られる。

さて、まずは、地下へ。
悪霊の壺のことを教えてくれた彼女らに報告に行ってみるか。
「だれ?いったい何の用?用がないならさっさと出て行って!」
おっと、性格のキツイほうだったか、確か名前はクローディア。
悪霊の壺を使ってみたが特に何も起こらず。
もしかして「とりひき」で「あたえる」のかも、と思い試みると・・・

「ありがとう、これよこれ。」
彼女は壺を受取り、フタを開けた。えぇー!?

悪霊「プハッ、やっと外に出れたか。ん?あっ!きさまは!」
悪霊が何か言い終わる前に彼女は大きな口を開け、悪霊を吸い込みゆっくりと振り向いた。
すると、彼女はまったく違った姿に変わっていた!

「私は天使のユーリア。地上に来たのは陰邪鬼の魂が目的でした。
しかし、彼らは人間の体を乗っ取ってその人間になりすましてしまうので正確な居場所を突き止めることができませんでした。
そこで、人の姿をかりて調べていたのですが、姿をかりた人物の意思との反作用で、自分自身をうまくあやつれなくなっていました。
しかし今、あなたたちが、陰邪鬼を連れてきてくれたので当初の目的を果たすことができました。
感謝の言葉もありません。これはそのお礼です、受取ってください。
それでは、私は天に帰ります。」
彼女は一瞬の光とともに消えてしまった。
そして、そこには鳥の羽が残されていた。(はね?を手に入れたがなんだこれ?)

正直こんな展開は予想していなかったため呆然としつつも、地上へ戻り、さらに階上へ。
「鏡の間」・・押しても引いてもびくともしなかったが、情報どおり押しっぱなしにしておくと、通れた!あの幽霊のいたところと同じ原理か。
それにしても敵のフェアリーバードなどが使うDALQUREAやMAHALITOがつらい!
雲系は打ち消せないし、回復魔法はDIAL止まりだし(泣)
そんな中、見つけたのは*玉座の間*

明るく陽気な雰囲気のその部屋の壁には何かの紋章のようなレリーフが掘り込まれており、南側の壁には色鮮やかなタペストリがかかっていた。
緋色のじゅうたんはまっすぐにのびて、部屋の真ん中の立派な玉座のもとまでひかれていた。
玉座の前にかなり体の小さな老人とその老人よりもさらに小さな娘が立っていた。
きっと親子なのだろう、顔は似ていなかったが二人には同じような羽が生えていた。
一行が近づくと老人の方がそっと顔を上げ、穏やかな視線を彼らに投げかけた。
「わしはげんむおう この塔の長老じゃ。そして光の守護者でもある。」
神器は?「おぬしらもあれが目的か・・・。まぁよい、これが祭壇の鍵じゃ。ただし、よく覚えておきなされ、三種の神器を塔の外へ持ち出すということは秩序の崩壊を招くということを。」
鍵?を手に入れた。
すかさずクリスタルによるNOBAIS!
「天の光の前には一切が無!」
光とは?
「天の光明なくばいかなる生命も育むことはできん。それゆえ、光は成長の証であり、命のみなもとでもある。」
西側の扉は祭壇入り口。しかし、とりあえずは放置。
このフロアにはまだまだ探索していない部分も多いし、「秩序の崩壊」という言葉も気になる。
そういえば地下にいたらいぞうに、まともに行っても取れないと言われていたっけか。
もうひとつ、どこかに祭壇があるのだろうが?

立ち去ろうとする彼らに、げんむおうが声をかけてきた。
「これ、そこの2人・・・いや、3人、か、なぜお前達はここにおるのだ?」
あきらかに「蜘蛛」の3人に向かって不思議そうな表情をしている。
しかし、わけがわからないのは彼らもだった。
オニグモ「グハ??!」
ツチグモ「ゴホホッ?!そ、そりゃなぁ・・・ね、姐さん、言っちまっても?」
ジョロウグモ「んー、・・・あたしらはね、月輪の魔女様から言い付かってこの国のやっかいごとを片付けるために来てるんだよ。知らないだろうけどさ」
げんむおう「ふぅーむ?月輪のあの娘が?あやつがお前達を、ここへ・・・まぁ考え方によっては・・・しかし変化は・・・記憶が・・・(ぶつぶつ)」
一行「????」
げんむおう「む、すまぬな。おぬしらの探索には、・・・関係のないことだ。あの娘とはちょっとあってな。昔のことだ」
ジョロウグモ「昔って?」
げんむおう「100年以上前のことじゃからなぁ・・・興味があるのか?仕方ない、話してやるとするか。そもそもあの娘とは因縁があってな、あれはこの国の5代前の将軍がまだ嬰児のときのことじゃった、時の老中と奥の院には・・・」
イレイサー「(駄目だ、クリスタルでも読み取れないし、年寄りの長話を聞いてる余裕はないぞ!)」
トニカク「(何を知っているんだ?このじいさん?興味あるんだがな)」
ツチグモ「(グホッ、トランス状態に突入みたいな・・・目を閉じて話し続けてるぞ)」
ウグイ「す、すまないな、また今度落ち着いた頃に聞かせてもらうよ、そ、それじゃ!」
振り返ると、げんむおうは目を閉じながらまだしゃべっていた・・・

帰還すると、いち早くツチグモだけがL12になった。
あとほんのわずかでウグイもレベルが上がりそうだ。MADIやDIALMAを習得する日も近いか?

拍手[0回]

PR
緋蓮城哀歌 57
28日目-2
チームG= 第一チーム。
前日は重要人物と思われるラマ御前を結果的に殺害してしまったが。
そのうえでの、シュゲンの提案、のるかそるか迷ったが、将軍とやらに会ってから考えるということにまとまった。
アヌエウス「毒を喰らわば皿までも、さっさと依頼を受けるのも考えだと思うダワサ・・・」
アイリン「ごめんなさい、どうしても一度将軍に会ってから決めたいの」

また、四階を突き進む。
「らまさし」や「だいみょう」などを退けつつ最奥部へ。
(戦闘自体は非常に単調であったが)

*将軍の間*
かつては華やかに飾られていたであろうこの部屋も今ではすっかりすすけてしまっていて、別に変わったところのない普通の部屋に成り下がっていた。
しばらくすると部屋の奥の方からガラの悪そうな男がせんすを開いたり閉じたりさせながらやってきた。
「なにやつだ!ここを将軍ガイラスの御所だと知ってのろうぜきか!」
名前は?「わしこそが、かの有名なガイラスじゃ」
何をしている?「神器があるおかげで外に出られんからな。今は、いかにして外の世界へ出て行くかを考えておる」
神器は?「神器?あんな物が欲しければくれてやる。ほれ、これが鍵じゃ」
そう言って彼はこちらに鍵を放り投げた。
鍵を手に入れた。
奥には祭壇の入り口があり、その鍵を使うと塞いでいた鉄格子はあっさりと開いた。
ジル「よっし、なんだかわかんないけどこれで依頼達成ッスよ!」
ルクス「ちょっと待って!なんだか怪しい・・・外に出られないってどういうこと?」
メイ「確かに訳がわからないわ。こういうときこそ、あのクリスタルよっ!ジル!」
ジル「ああ、今朝イレイサーが貸してくれって来たんで貸したッスけど?」
ジル以外全員「この・・・おバカ・・・」

けっきょく、今日はこれで撤退。
が、タイミングよく?!塔の入り口で第二チームに遭遇。
マルタボー「ん?ずいぶん早いお帰りだなぁ。誰か死んだか。」

第二チームは、良質な武具が手に入るということで不動の塔へ時間差で来ていたのだった。
だって死霊の塔行き詰ってるしなー。
けっきょく事のいきさつを聞いた彼らはまかせておけ、と四階へ向かった。
邪魔をするのは・・・
アタックドッグ・・・闘犬・・・素晴らしいセンスだ(笑)弱かったけど。

将軍の間に行ってGENES、NOBAISをさっそく使ってみる。
ガイラス「正義が力ではない!力が正義だ!」
力とは?「力は万物に宿っておる!力こそが存在の証!」

ガチムチソウル「神器のことはわからんな」
エイリィ「3階のシュゲンにも会ってみましょうか」
忍者の頭領シュゲンに会い・・・依頼を受けてしまった!(実は事故)
「よし、それではこの手紙を”ラマ御前”に渡してくれ。御前はこの上にいる。頼んだぞ」
まきもの?を入手。

イールフ「どーすんの?どーすんの?」
マルタボー「ふ、ふん、ばれなきゃいいんだ、ばれなきゃ」
ガチムチソウル「こいつの情報収集能力もたいしたことないな。どれ、心を読んでみるか」

GENES、NOBAISを唱えると「力だけでは駄目だ!それを扱う技がなければ」
技とは?「力を自在に操る技は変化の証!」

ガチムチ神主「どうにも抽象的だのぉ」
マカーブル「神器が手に入ればどうでもいいんじゃない?」
エイリィ「アイリンじゃないけど私もちょっとひっかかるわね、このまま神器をとるのは。いったん戻りましょう」

練武場に寄り道、あいかわらず地下3階まで。
マルタボーが一人L12になった。
例のシュゲンからあずかった巻物は10万G!!鑑定屋でも識別できず。
希望の胸当て、アイアンブーツ、クリスタル、六角杖などワンランク上の装備が手に入った。

一方、第三チームにも動きがあったのだったが・・・(続く)

拍手[0回]

緋蓮城哀歌 56
27日目-3
第二チーム、かつてはチームEなどと呼ばれ、トカゲ男マルタボーが大暴れして存在感を出していたが・・・
ガチムチソウル「ふっ、情報こそ、つまりNOBAISこそが最強の呪文よ」
はいはい、そうですね。彼の読心術がなければ詰んでいたであろうことは間違いありません。
が、今日は特に探索の収穫ナシ。
死霊の塔の地下一階を再度探索しましたが、先日出会った謎の老婆ゆかりの呪いを解けそうなものが何も見つからず。これはやはり、他の塔に何かあるのか?
というわけで27日目終わり。
* * * * *
その日の夜も、遅くまで三つのチームの作戦会議が開かれたという・・・
* * * * *
28日目-1
幻術の塔を攻略している第三チーム、第一チームのジルが持っていた「湯のみ」を借りる。
的外れかもしれないが、人形が運ぶものといえば湯飲み茶碗だよなぁ、という直感。
また、1階に強い酒の湧き出る泉があったことも思い出し、それを酌んでからまた例の穴のところへ。
どろたぼうは軽くやり過ごし、いびきの聞こえる穴へ。
穴の前に人形を置き、その手に強烈な匂いのする酒の入った湯飲みを持たせた。
すると人形はカタカタと動き出し、穴の中へ消えていった。
そしてしばらくすると鉄格子の開く音が聞こえた。
ツチグモ「うまく、いったもんだな」
オニグモ「奥にいるのが・・・えーっと、なんだっけ」
ジョロウグモ「ちゃんと覚えておきない、ライゾウでしょ!」
奥に行って見ると牢屋のようにシンプルな部屋の一番奥に、修験者のような格好をした人がボロボロになった布団の上であぐらをかいてあくびをしていた。
その人は君たちが近づくと、下駄を履いてさっと立ち上がった。
「うーん、よく寝た。ン?よう、ひまじんこんなところに何のようだ?」
らいぞうと名乗るその天狗からさまざまに情報を聞き出す。
祭壇にあるという神器を入手する方法、女王フェイ・リンのこと、げんむおうのこと・・・
しかし、その二人に会ってもいないので、いまいち要領を得ない。
だが、結局彼の話をまとめると、女王の命を受け神器のマントを探しているがげんむおうの仕掛けた小細工の所為で簡単に入手できなくなっていること、らいぞうは既にその入手方法を知っていることがわかった・・・(じゃあ自分で取ればいいのに、と思うが女王にもあまり良い感情を持っていないのか?!)
そして、奴らの鼻をあかしてやれ、と装飾品と神器の入手方法?を教えてもらった。
なんとなく釈然としないものを感じながらも礼を言って立ち去る。
トニカク「ふむ、人間関係がここも複雑なんだろうか」
ウグイ「複雑ってわけでもないだろうが、とにかく女王とげんむおうとやらに会ってみないとわからないことが多すぎるな」
イレイサー「・・・しかしNOBAISってのは便利だな」
一同「??何のことだ??」
イレイサー「第一チームからこのクリスタルを拝借してきたんだ。本当にオレでも読心術が使えるとは驚きだ」
ウグイ「でかした、それでどうだった?何かわかったのか?」
イレイサー「げんむおうの居場所がわかったよ。3階のあの通れなかった鏡の回廊に行こう。通過方法もわかった!」
一同「おおー!」
だがしかーし。
上階へ行く途中、フェアリーバードに襲われMAHALITO3連発、被弾!
回復力の弱い第三パーティ、泣く泣く帰還。
死人が出なかっただけマシか。

拍手[0回]

10月最初の更新になりますな・・・
北海道はもう朝晩はかなり寒い(10℃切ってます)のですが頑張って更新します!


緋蓮城哀歌 55

27日目-2

第一チームの出番です。
先日は忍びの長シュゲンから暗殺の依頼?をされた一行でしたが、あまりにも情報が少なく一度断った状態でした。
もう少し情報を集めてからでないと何とも言えないかな?属性が善の連中だからなぁ・・・

今日は他にこの塔のことやシュゲン、あるいは最上階の人物、そし神器について情報が集まらないか、探索。
まずは地下を目指したが、特に目新しい情報なし。
念のため骸骨の酒場にも寄ってみたけれども変わらず。

上に行ってみるか、と久しぶりに地上四階へ。たしか鉄格子が降りているんだったか?
熱い鉄格子に進路をはばまれていたが、丸い穴が開いているのに気づき、もしやと氷壁玉を入れてみると鉄格子は冷やされ、開いた!
おそるおそる、初めての四階を進む。
みやぎ、チャンプサムライなど、これまでよりも強い敵がわんさかと襲ってくる。
しかし、たいしててこずることもなく・・・と思っていたら。

いきなりドレイン!
「らまさし」という水芸でもしそうな美しい女性形モンスター?にアヌエウス不覚を取る。
元ネタはなんだろうか?ちょっとわからなかった。
今作は、滅多に敵はその特殊能力を発揮しないため、たまに使ってくると本当に驚きます。
メイジ系もかなりの確率で殴ってくるし、バランスが悪いなぁと思う一因。

さて、気を取り直し。
「大奥の間」を途中に見つけ入ってみると、女性発見。
その人には普通の人とは違う高貴な雰囲気があった。
しかし、それと同時にその表情には一分の油断もならないようなずるがしこい感じも持ち合わせていた。
そして、その高貴な雰囲気とは裏腹に、着ているものは古くてかなり痛んでいるようだった。
そして開口一番「密書は持ってきたかえ?」
何のことかわからず、問答。
名前は?「わらわはラマ御前。」(一同どよめく)
何をしている?「そなた達のような者が来るのを待っておった。秩序を破壊する者達をな」
秩序の破壊?「今、この国が存亡の危機にさらされておるのは知っておるな?
これは新しい時代の前触れなのじゃ。そして、新しい時代の到来には、古き秩序を破壊する者とその犠牲者とが必要なのじゃ。果たして、そちたちはどちらかのぅ」

アヌエウス「・・・ずいぶん上から目線ダワサ」
ジル「壊されるよりは壊す方がいいッスけど」
アイリン「うーん、なんだか人事みたいに聞こえるなぁ」
ルクス「あ、そういえば。この人にあの着物をあげればいいんじゃない?ききょうもそう言っていなかったっけ」
メイ「そうね。あたしたちが持っていてもどうせ着れないんだし。なにか教えてくれるかも。」

ラマ御前「なんじゃ?これをわらわに献上すると申すのか確かにわらわの様に高貴な者にはこのようなボロは似合わぬしな、ありがたく頂いておくぞ」
そう言って、御前は美しい着物に着替えようとした。
アイリン「こら、男性陣はあっち向いててっ!」
ジル「ち、気づかれたッス」
ヒッサー「?ナゼ?」
などとやっているのを尻目に、御前が両手を袖に通した瞬間・・・
着物の襟元が勝手に締まりだした!

御前「クッ、は、図ったな!」
ラマ御前はばったりと倒れこむとそのまま動かなくなった。

一同呆然。
ヒッサー「ナゼシンダ?」
メイ「ど、どうしよう、結果的に、シュゲンに加担したことになるの、これって?」
アヌエウス「起こってしまったことはどうしようもないダワサ。とにかくここは離れた方が良さそうダワサ?!」
ルクス「これは、ききょうの企みだったのかな?・・・と、何かスイッチ見つけたけど」
ジル「わぁー、とりあえず押しとくッス、はい、押したッス、出ていくッス!!」
アイリン「ちょっと、相談もなしに・・・まぁ仕方がないか。それにしてもずいぶんと後味の悪い結末になっちゃったわね、後に響かないかしら・・・」

とりあえず進めるだけ先に進もうと、どんどん四階を突き進む。
基本的に一本道のその先には「将軍の間」。
本当は一気に行ってしまいたかったが、けっこうなダメージが蓄積されており、魔法も心もとないため今日は帰還する。
明日は、突入、か?

拍手[0回]

緋蓮城哀歌 54
27日目-1
第三チーム、出陣。
先日はマルタボーならぬ、泥田坊に酷い目にあわされたが、リベンジ。
イレイサー「ま、昨日はちょっと動揺していたしな、今日はキチッと対処して、調べ上げよう。」
昨日と同じく、光の間からのワープで地下1階へ移動。
隊列を魔術師トニカクを先頭に逆に並べ替え、おそるおそる進むと?
ツルッ!
おおっと!
ぬかるみに足を(またもや)とられ、ドロタボーに襲われる。
今回は一匹しか出ず、予想通りこれで通常のフォーメーションになったため、楽勝。
まぁ、面倒ではあるのでこの奥には何回も足を運びたくはないものだが。
抜けた先の鉄格子はやはり、通常の方法では開けられなかった。周囲には隠し扉などはないか?
と、
壁に穴が開いている箇所があった!
なにやら、大きないびきが聞こえてくる。
穴は、赤ん坊がハイハイしてやっと通れるぐらいの大きさだった。
ジョロウグモ「なに、この穴は?」
オニグモ「誰かが寝てるようですがね」
トニカク「おいおい、竜雄ってのが言っていただろう?おそらく神器のことを知っている『らいぞう』とやらが居るんだろうな」
ウグイ「この穴、誰か通れないか?」
ツチグモ「身体の小さな・・・イールフとか」
イレイサー「あまり頼みたくはないがやむをえないか。明日に持ち越しになってしまうがな」
オニグモ「・・・そういやこれって使えないか」
オニグモの取り出したのは、1階にいた傀儡子が持っていたからくり人形だった。
穴の前に人形を置いてみた。
しかし、なにも起こらなかった。
ウグイ「だいたい、この人形に何をさせようってんだ?話もできないし中を見る事もできないじゃないか」
オニグモ「く、くそぉっ・・・アネサン、すいません、思いつきでやってみたんですが」
ジョロウグモ「(熟考している)・・・いや、オニグモ、面白いかもよこれ」
全員「は?」
ジョロウグモ「この人形、たしか物を載せると動くはず・・・ほら。」
持ち上げた人形の手に負荷をかけると、足の位置にある車輪のようなものがくるくると回りだした。
トニカク「む、何かをこの壁の向こうに届けることができるわけだな」
ウグイ「なるほどな、いろいろ試してみるか」
しかし、今持っている用途不明のアイテム(悪霊封じの壺、香りの木片)では反応ナシ。
イレイサー「ふぅむ、らいぞうって奴の好きな物か、もしくは苦手な物を送ればいいのか?それが何かはわからないが」
ツチグモ「やはりイールフに頼むのが簡単そうだが」
ジョロウグモ「できれば最後の手段にしたいねぇ、どれだけぼったくられるかわかったもんじゃない」
ウグイ「他の連中が持っている用途不明の品物は何があったかな?どちらにせよ引き返さないとな・・・」
引き返してふと気がついたが、地下2階の別区域(転がる球に追いかけられないと来れない階段)から来る場所は未探索の場所がまだまだあった!
で、気がつくと。
地下三階への階段発見。少し探索してみるか。
いっぽんだたら、てのめ、しゅてんどうじ、らいじゅう、きゅうびのきつねなど新顔のモンスターだらけ!そしてほとんどこれまでのモンスターと強さは変わらないのに経験値がかなり高い!
これはおいしいかも。
北6東11にカードが使える機械を発見、ここで一息。
また、近くには鉄格子や謎のスイッチが幾つも発見。
しかし、トニカクの攻撃魔法が尽きてきたため、無理せずに帰還することにした。
修練場にも寄ったがレベルアップ誰もいなかった。
アイテムは約15個近く入手、光る鎖帷子など2つ謝礼でとられたが、グレートアックスやスカーレットローブなど、これまでのものよりワンランク高いアイテムを入手。
明日からの探索が楽になるに違いない。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/31 御堂 亜門]
[09/16 流楠]
[03/22 うぐい]
[03/22 エルアキ☆]
[03/15 腐男子]
フリーエリア
「ジェネレーション エクス」応援バナー 蒼狼
プロフィール
HN:
うぐい
性別:
男性
職業:
サラリーをもらうマン
趣味:
ちょっと昔のサブカル全般
自己紹介:
仕事や家庭に揺れながらも、それでもウィザードリィをプレイし続ける三十路ゲーマーの日常を綴った、そんなブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]